色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
初めての宿泊旅行 |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての宿泊旅行

2014.01.24.Fri.21:57
 社会人になり、初めて彼女ができて1年もした頃…
彼女が「泊りでどこかへ行きたいね」と言いだし、季節も秋だったのもあってか、温泉がてらどこか泊まれるところでもと探していた。
 ただ、互いに免許は持っているものの、車は持っていなかったので電車での旅行となった。
若気の至りか、世間知らずの特権か、週末より平日の方が色々な面で安いし空いているという事で互いに会社をずる休み。

 旅行の朝、ターミナル駅で待ち合わせ、会社の人に見つからないように早々に郊外へ向けて電車に乗る。
観光地へ向かうリゾート列車、加えて紅葉の季節だからさぞ混むであろうと思っていたのだが、いい方向に裏切られたようでほぼガラガラだった。
 
 他愛もない話をしながら、列車に揺られ目的地の温泉街へ向かう。
平日なのに仕事中の時間に追われる感覚がない不思議な感覚。
そして朝ごはんを食べながら、アルコールを飲む2人。
会社のずる休み、周りはガラガラなどと、いつも違うシチュエーションに頭は既にほろ酔い気分…
こんな公衆の面前ではいつもならボディタッチをしても軽く振り払う彼女だが、この時だけは違った。
彼女もいやらしくもない感じで触り返してくる。
そして私の股間にも軽くタッチしてくる。
その後も股間をまさぐられながら、私が自分のズボンのジッパーを下したら、そっと握り、そのまま上下にやさしく動かし始めた。
 さすがに私も我慢はしたが、いきり立った肉棒は収まりがつかず、私が彼女に「しゃぶって」と頼んだら、彼女は周囲を見渡した後、私の股間に顔をうずくめるのであった…







いつ誰が来るかわからない車内での行為はかなりのスリルだった…







ダウンロードや購入実績が残るのはちょっと…という方はこちら


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。