色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
英会話の女講師 |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話の女講師

2014.03.05.Wed.17:59
 小学6年生になった頃、一緒に遊んでいる友人が英会話を習っていると聞き、よくわからないけど「面白そう」というくらいの興味で友人に頼んでみた。その後、私も体験授業の一環として友人が英会話に行く日に友人とその母親、私と母親の4人で一緒に行く。
 英会話教室では少人数制らしく長机を2つ向かい合わせに出来るくらいの部屋で3~5位の生徒と英会話の女講師での授業がスタンダードらしい。テレビなどでは英会話を聞くが、当時、街中では肉声の英語を聞くことはまだ少なかった。
 だからか、その女講師が発する日本語を喋って英会話を混ぜながらしゃべる姿をカッコいいと思ったものである。
 そんな感想を抱きながらその日の体験授業は終わり、その後何回か、体験授業をさせてもらった。

 真面目に英会話に興味を持っていたわけではないが、なんだか楽しそう、日本語以外の言葉が知りたい。子供なりのそんな単純な理由で、入塾とトントンと進んだ。親からすれば勉強嫌いな私が進んで何かを学ぼうと思ったことに関しては嬉しかったらしい。
 私からすれば、色々な言葉を知れる喜び、英会話塾へ通うのに毎週電車に乗れる、それに英語と日本語を織り交ぜて喋るかっこいい女講師に会えるという理由が大きかった…

 その女講師は美人というよりはかわいらしい、標準な体型で少し色黒、健康的なイメージであった。ヘアースタイルはソバージュでメガネをかけていて、パンストこそ履いてなかったもののスカートの率が高かったように思える。
今思えば、幼稚園当時大好きだった担任の先生に似ていたのかもしれない…

 私は毎週、英会話の日になると、楽しみで授業中、女講師から英語で会話を振られそれに対して解ればほめられ、解らなければ、ヒントをもらいながらも何とか回答を出すと喜んでくれる。そんな先生とのやり取りが好きだった…

 そんな女講師も夏に向かうにつれ、薄着になっていく、今思えばそれほどセクシーなファッションではないのだろうが、活発な女性なイメージの通り、少しゆるい服装であったと思う。かがんだ姿勢の時に胸元のブラジャーが見えた事もあった…
 普通の子供なら、大人の女性のそんな格好を見たからといってドキッとはあまりしないのかもしれないが、私は女講師のファッションどうのとかでなく



   女講師の全体から出る雰囲気…
   喋るときの一呼吸の音や唇の動き…
   顔を動かす時についてくる髪の仕草…
   歩く時のふくらはぎの筋肉と足首のキュッとした感じなど…




 多分、英会話ならではのオーバーアクションも手伝っての受ける印象もあったのだと思う。

 見ていると、生唾をゴクンッと飲むとかムラムラするという事はなかったが、のどが渇いてくるような感覚があった。
当時、周りの友人らは「女子の○○ちゃんがいいとか隣クラスの○○ちゃんだろ~」とか言っていたので、私が英会話教室で教えてもらっている女講師が好きだ!なんて事は誰にも言えなかったのである…
 それからも私の喉の渇いたような感じが続いたまま月日は過ぎて行った。そして小学校卒業間近、英会話の女講師も小学生専属で教えるというコースだったので別れることに…

 その後、女講師とアメリカ人ぽく握手をしてお別れとなった…
その時の女講師の手のぬくもり、笑顔は忘れられなく、今でも思い出すとのどの渇きのような何とも言えない感覚がよみがえる…

 まだ、私が自慰の仕方は当然、子供の作り方も知らなかったピュアな頃の話である…





セックスという言葉は知っていても何の事かは知らなかった小学生高学年の頃…






セックスというモノを知って、同時にそんな行為は恥ずかしいものだとも思った…






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
応援よろしくお願い致します!



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
No title
いつもコメントありがとうございます!

アダルトランキング応援してますよ!!
No title
ebodyさん→
こちらこそありがとうございます!

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。