色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
パンストプレイ |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンストプレイ

2014.02.11.Tue.20:53
 レギンスやカラータイツが流行している昨今。私の彼女も例外なくレギンスも愛用するようになった。
黒いパンスト好きな私としては、せめて薄手の黒いタイツにしてもらいたい。しかし、パンストだと冬は寒いから履きたくないと彼女は言う。

 カジュアルな服装な時ならカラータイツならまだいいのだが、スーツやおめかしした時のパンストはたまらない… 特にいいのはグレーのスカートに黒パンスト。見ているだけで触りたくなる… やりたくなる… 破きたくなる… パンストのまま下半身などを触ってほしい…
 
 付き合い始めて、セックスにも慣れたころ、パンストプレイな性癖を彼女にお願いしたところ、いい回答は得られなかった。だから無理強いはできない。彼女としては直に触ってほしいようだが私はひたすらパンストをまさぐっていた。それが彼女へのパンストへの本気の気持が伝わることを願っての事だ。

 そんな風に日々、いつも通りのセックスを重ねたある春の日、仕事帰りに彼女と会うことになった。
納品先の会社への部品(小さい部品だが)が急きょ入用になり、自社で午前中に部品を作ってもらい午後から納品、そのまま直帰だったので夜に会う事となった。
 近くのターミナル駅で待ち合わせとの事だったので、向かうと彼女は既に待っていた。普段は通勤でもカジュアルのだが、納品先から直なのでスーツに黒パンストで立っていた。
 そんな、周囲からすれば当然の姿なのだろうが、私の下半身は「ビクンッ」と来ていた…

 その後、夕飯でもと個室のある飲み屋へ。彼女が上着を脱ぎブラウス、スカート、パンストという姿になる。久々な正装の彼女がテーブルを挟んで目の前に…手を大きく伸ばせばスーツ越しのパンストに手が届く距離…
 何もするな!期待するな!という方が無理。酒が入るにつれ、私は彼女を触るようになる。彼女も酒のおかげか、嫌がらない。
 少しずつエスカレートする私、スカート越しのパンスト、そして下着のあたりまで手を伸ばすと彼女が
「ここじゃダメ… 静かなところがいい」というので、私は
「ホテルに行ったらパンスト破くぞ?そのまま泊まるぞ?」その後、彼女が
「うん、今日は替えのパンストあるからいいよ」と。
彼女は即座に実家へ友達のところへ泊ると言い、電話を切る。

 その後、会計を済まし、ラブホへ向かう。その道中の彼女は普段のデート時より甘えていた。私はパンスト越しに興奮を覚え何度もセックスをしてしまった…

 20代前半、彼女と付き合って数年、パンストプレイの初夜の話である…





パンスト越しのセックスは今でも特別感を感じる…













FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。