色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
2014年02月 |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女教師とマンツーマン

2014.02.28.Fri.22:09
 中学生の1年当時、気づいたら数学を担当していた女教師を好きになった。
好きになったといっても大人の女性で綺麗だなと思ったくらいで好きになったという表現が正しいのかもしれない。
 当時、女教師は未婚であり、いつもスカート、パンスト(たまに黒パンスト)を履いており、分からないことは聞けば割かし教えてくれた。面白い教師で生徒を笑わす事も多々あった。

 月日が経ち、私は数学の授業も次第に分からなくなってゆき、分からない事自体が分からなくなりつつあった…
そうなると、授業も面白くなく、その女教師に会えるのは嬉しいが、同時に苦痛の時間にもなっていった… 当然ミニテストもわからず、女教師に叱られるようになっていく…
 2学期の中間テスト前のある日の朝、担任経由で女教師が直接、数学の補習をやるから放課後職員室に来なさい。と、伝言を受けた。
 私は「今更、分からない授業を教えられてもな~」て気持ちと「先生とマンツーマンか…」という少しうれしい気持ちが混在していた。

 その日の放課後、早速職員室へ。数学の女教師を含め他の先生方も各自の作業をしていたので、私は職員がいるところとは別の長机で待っていた。他の生徒たちは部活をやっている者もいれば、早いテスト休みで部活が休みのところもあった。
 教科書を広げて待ってはみるものの、見てもさっぱりわからないので、ボーっと待っていると女教師がやってきた。
「はい、お待たせ」と長机の私の元へやってきた。いつもは遠いところから眺めているだけなので、ドキッとしてしまい、身体の体温が一気に上昇したのではないかと思ったほどだった… そして、その日の服装はスカートに黒パンスト、上は襟付き半袖の縦縞シャツであった…
 そのまま女教師は私の隣に座って「以前はわからないところをよく聞きに来てくれたのに、最近はどうしちゃったの?」と聞くので私は「なんていうか、授業のスピードが早いというか、最近はわからない事が何かもわからなくなってきて…」というと、女教師が「なるほどね~、じゃあ簡単にテストをしましょう」とプリントを出してくれた。

 そして、私はテストを解き始めるが、半分もできなかった… 
加えて、女教師にこんな至近距離で見られていると思うと気が気でなかった…
時間切れでテスト回収され、採点される。その日の女教師も服装を改めてみるとスカートに黒パンストて「女らしいな~」と思いながら上は襟付き半袖の縦縞シャツだがよく見ると、ブラジャーが透けていた。それに気づいた私はいよいよ、補習に集中できなくなってしまった…
 女教師が私を見た!「透けブラを見ていたのを気づかれたか!?」と思ったら、どうやら採点が終わったらしい。女教師が言うには「これは1学期からつまずいているわね、補習は何日かかかりそうだから覚悟しておきなさい?」と言われた。私は透けブラを気づかれたわけではないようなのでホッとし、「ハッ、ハイッ!」と返事だけは元気だった。
 職員室内で黙々と作業している他の先生方は「なんだ?なんだ?」と思ったらしく一斉にこちらを見たのであった…



    つづく…



自慰行為を知ってはいても、そんな行為をすると決まって罪悪感を感じていた頃…
しかし頭の中ではこんな事ばかりを妄想していた…
そんな中学1年生であった…






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
応援よろしくお願い致します!

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

メイドさんとのひととき…

2014.02.27.Thu.11:55
 ある平日、ロリータが好み友人と数年ぶりに秋葉原へ行く。
というのも、中野のアニメの聖地へ行ったのだが、建物自体が点検という事で入っている店舗全てが休館だったから、「じゃあアキバへ流れよう、メイドカフェにも」との次第である。

 メイド喫茶で人気の秋葉原、アキバは平日にもかかわらず、人が多かった。「電気街」と呼ばれて特定の人しかいなかった頃とは打って変わり、今では普通にビジネスマン、OLは当然として、客層も綺麗なおねえさんや若者カップル、コスプレした女の子同士などなど…

 当然、家電屋、ジャンクパーツ屋も巡るが、2次元の販売店を巡る。
まだ、私がリアルな女性に本気では興味を持てなかった中学時代、アニメや漫画の女性にはお世話になったものなので、見ていると懐かしく感じる…
 そんな店舗をあちこち回っていると、当然のようにメイドさんのビラ配りを見る。今ではメイドのビラ配り通りなるものもあるらしく、まだ明るいからこそそれほどなんとも思わないが、時間が時間ならキャバクラの呼び込みと勘違いしそうになるほどだ。ハマれはしないが興味はなくはないので、配っているビラはもらいながら歩く。今では和装のメイドさんもいるようで、変わらず日々多様化しているようだ。
 個人的にはメイドのコスプレは好きだ。演じているキャラ性にもよるのだろうが、店内での会話中の対応は勘弁だがあのコスを破きたくなる…

 あちこちのジャンク屋、2次元の店、家電屋を巡っている間に辺りはすっかり真っ暗に。天気予報の通り雪が舞ってきたので、様子見でどうせ時間をつぶすならとメイド喫茶に行こうという事になり、ごひいきのメイドカフェがない私たちは先ほどのメイドのビラ配り通りへ。
 ビラを配っているメイドさんはみな寒そうにしながらもとおりすがる人々に声をかけていた。もらったビラの中で興味を持ったメイド喫茶の前に着くと店舗前でもメイドさんはビラ配りをしていた。
 そのメイドさんは長い黒髪で明らかに大人の女性には程遠いがかわいらしかった。もらったビラの事を聞くと、「そのお店はうちの上の階です」と親切に教えてくれた。
 そのまま、ビル内にあるフロア案内看板を見ると各階にメイド喫茶があった。
エレベーターを待ちながら、先ほどのメイドさんを見ていると、コスも手伝ってか、もっと(普通に)喋りたいとも思い、ビラ配りのメイドさんへ案内してもらえるように頼むと、一緒にメイド喫茶へあがった。
 前を歩くメイドを後ろから見ていると、抱きしめたくなるとかの感情が普通なのかもしれないが、私は

      コスを破き、スカートをずり上げて下着をずらして肉棒をブチ込んでアへ顔をさせたい…

と、おもうのだが、正面で顔を見ると、幼い表情に肉棒は萎えてしまうようだ…
 
そして、入店するとメイドがたくさんいた。これがおねえさんや大人の女性が演じているのなら肉棒にエネルギーが沸くのだろうが、しょうがない。

友人はロリコン気があるからなのか楽しめるのだろうけど、私はおねえさんや年上好きが表面化してからはどうも心底は楽しめない。それでも、ちょっと大人っぽい子がメイド服を着ているのを見ると、案内してくれたメイドさんには悪いが、少し「おっ!」と思ってしまう。
そんな事を思いながらも、話をしたり、他の客とメイドのやり取りを見ながら楽しんだ私たちである。
そんなメイドの後姿を見ては妄想していたが、正面から幼い顔を見るとどうしてもそれ以上の妄想ができなかった…

1時間くらいいただろうか、雪も少し落ち着いたようなので今のうちに駅へ向かおうという事で会計を済ませ店を出ることに。
 担当制なのか、案内してくれたメイドさんが店の外まで、見送ってくれた。
メイドさんが「また、いつでもお帰り下さいね」というので私は「暖かくなった頃に帰ってきますよ」といって、頭をポンポンしてエレベーターに乗って、電車で帰路に着いたのである…

リアル女性、キャラを作られたメイド、2次元女性キャラと国内異文化交流をした日であった…





メイドのAVで自慰をするが、やはりパンストやお姉さん系が私にはしっくりくる…




見慣れていないからかもしれないが、和装メイドの方が好みかもしれない…
その後は洋装にコスプレさせてフェラをさせる…




もっと大人のメイドならなら自家用に1人欲しい…





FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
応援よろしくお願い致します!


冬の女子高生

2014.02.25.Tue.14:39
 ある冬、朝から友人と群馬県の山奥の温泉に行った帰りの鈍行の電車内での事である。
私と友人は昼過ぎには帰路に着き始めた。というのも、電車の連絡船のつながりが悪く、待ち時間が長くなるため念の為、早めに出てきたのである。

 山奥から電車のある駅に着いた頃は14時前くらい、乗り始めた電車も最初はまだガラガラであったが、平日だった事もあってか、おやつの時間を過ぎた頃には学校からまっすぐ帰る組や部活から帰る組の高校生が途中途中で乗ってきた。冬には雪国になる群馬だ。これだけ雪国の女子高生だと、スカートは短くてもパンストやタイツは履くんだなとボーっと見ていた。
 私の高校生時ほぼ男子校だったという事もあり、女子高生を至近距離で見る事も、ましてや女子高生のパンストを見ることなど地域性も手伝ってか皆無であった…

 そして、先ほどまでたくさんいた高校生たちが降り、途中で1人女子高生が乗ってくる。
先ほどの女子高生らと同じように、パンストを履いた女子高生である。こちらの女子高生はパンスト率高し!と思うと同時に男子校性はそんな姿を毎日見てると思うとパンスト好きな私としてはうらやましく思った…
 その女子高生は私達の対面に座った。通勤列車のロングシートで立っている客員は丁度いなかったのでパンスト女子高生がよく見えた。
 女子高生はその後、教科書を出し勉強を始め、その後スマホをいじり始めた。その間30分くらいだろうか?私は車窓越しにほぼ見えなくなった風景を見たり女子高生のパンスト見ていた。その間、友人は寝ていたようだ。
 そうしているうちに女子高生も眠り始め、私はパンストを見ていてもイヤラシク思われない辺りを見ながら、パンストも見ていた。眠った女子高生のパンストはそのうち少し開いたりした…
 私はパンストの色の変化を楽しんで、あのパンストに

直にパンストを触りたい…
パンストを履いた足でいじられたい…
あのパンストをお尻のあたりから破りたい…
そして肉棒をブチ込みたい…


 と妄想しながら、開いては閉じのパンストを眺めながら妄想していた…

 そして、少しすると、サラリーマンの若者が乗ってきて女子高生の隣に座った。
その時の振動で、女子高生は一時目を覚ますが、また眠りに入ったようだ。
 サラリーマンは即座に会社の資料などをスマホを片手に見ていた。そんな作業も15分くらいすると一段落したのか、その後は隣の女子高生の制服?パンスト?に目をやりながらの作業をしていた。(私がそう思っただけかもしれないが…)
 私はその時、その手もあったか!と思ってしまった。
本を見るなり、スマホを見るなりして、視線をパンストに落としてもおかしくない作業をしながらなら堂々と、あの至近距離で見れると…
しかもパンスト越しのひざなどが当たるほどの距離である。
 うらやましい!と思ってサラリーマンの男性とその女子高生を見ていると、女子高生は降りる駅に着いたらしく、ハッと目を覚まし降りる準備をして電車が停車したら降りて行った。
 私は制服のプリーツスカートから出ているパンストを目で追っていた。そしてサラリーマン男性も次の駅で降りて行った。

 その後も女子高生も乗っては来たが、さすがに埼玉県に入ると、パンストの女子高生を見ることは無く、生足の女子高生ばかりを見ていると17時頃には地元近くの駅へ到着…
パンストを目では十分堪能できたが、サラリーマンには負けた気がした。

 その後、私は友人と別れた後の別の電車のホームへ向かう。辺りは真っ暗、会社帰りのサラリーマンやOLが帰路に着き始めていた。
地元へ向かう電車に乗って座って発車を待っていると目前にOLが吊革につかまって乗っていたのでの下を見ながら考え事をする素振りでパンストを見ていた。そして、真面目に考え事をしている顔でそのパンストOLを頭の中では…
 
 帰宅後、生まれて初めて、OLなどでなく、女子高生に特化したパンストAVで自慰行為をした。そして、最後にはやはりOLのパンストものを見た。その日は妻がいなく、AVを自由に見たのである…





女子高生のパンストもなかなかいい…



でも、やはりOL黒パンストで…






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
応援よろしくお願い致します!



女子アナになっていた同級生… 2

2014.02.23.Sun.17:23
 1年生時の同クラスが終わり、月日が経ち2年生3年は別クラスとなり、夏に部活を引退。
これで好きな女子を見る機会がなくなったな、と思って数週間。選択授業で同じ科目を取っていた、そこで気づいたのはシャツの下が直でブラジャーであったのである。今までは部活をするという前提で男女関係なくシャツの下には体育着を着ているのがスタンダードだったのだが、部活引退後男子も直にYシャツという者も増えていた。私は多汗であったのでYシャツの下にはいつも体育着を着ていた。
 そんな、好きになった女子の透けブラがあまりにも衝撃だったのか脳裏に焼き付き、帰ってから自慰をした。そして寝る前にも…
 
 そして、週に1度だけものすごく距離の近い選択授業時、加えて私とその女子を含め5人しかいなく喋ることも増え、私の頭の中ではその女子とまだセックスもした事もない男子が妄想するようなことばかりが頭を巡った。

 とある3学期の選択授業時、先生が体調不良により欠勤で他の先生がたまに見回り、他の生徒も欠席、高校試験などで、授業に出ていたのは私とその女子だけであった。
 女子に対して「好きだ!」等と伝えているわけでもないので緊張する必要もないのだが、
普段、妄想の中でその女子を…

 
 強引に脱がし、強制的にフェラをさせ、セックスして最後には中出し、そしてベッドではその女子が泣いている、そのわきで私はタバコをふかしている…


 なんだか、安っぽいドラマやAVのようだが、中学生の頃の男子の妄想なんてそんなものだ。だからこそ、その女子と教室内に2人だけだと考えるだけで妙にムラムラしてくる。
 ブレザーを脱がしてシャツを脱がせばブラジャー… スカートの奥にはショーツをつけていて脱がせ蜜壺がある…
考えただけで、肉棒がビクンッとしてくる。教科書を読んでいても隣にいる女子が気になってしょうがなくて、どうにも我慢できなくなり教科書を閉じ女子に話しかけて、その気にさせて、誰もいない教室へ、空き教室はチェック済みだ…
となればかっこいいのだが、情報量の少ない中学生男子だ、私はトイレに行って自慰をしてこようと思うくらいが関の山だった。授業中だし、ばれることはない。と思ったその時、教室のドアが開く。教頭先生が来て、欠勤の先生の代わりに授業をしてくれた。

 そして、授業終了後帰宅し、トイレに行き用を足そうと下着を下すと、少し射精していた… 私はその後、自分の部屋へ行き、そのままさっきの2人きりの授業を思い出し自慰をしたのである…

 それから時はさらに経過し、風の便りではその女子は地方では人気の女子アナになったという…

 中学時代の自慰に関してはその女子と女子アナにものすごくお世話になったのであった…

     おわり





当時気になった女子が女子アナになり、こんな事をしていると思うと…




カメラが回っていないところでこんな事を…





FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
応援よろしくお願い致します!

女子アナになっていた同級生…

2014.02.23.Sun.09:01
 好きな女性を女子アナで例えるようになったのは高校生くらいの頃だろうか?
中学生当時、初めて女子アナが好きになったときは、その女子アナ以外は見えなかった。まさしく「好きなタイプは好きになった人」がピッタリであったと思う。
 今では放送局も関係なく好きな女子アナも増えた。というより、好きな女性のタイプが増えただけなのかもしれない。
 最近ではスカートでなくパンツルックも増えたが、やはりスカートにパンストはものすごくいい。パンストに目覚めて大分経つが今でも触りたくなる… 黒パンストに関しては正しく神の域である。

 

 話は変わって、中学時代に気になる女子ができた。当時はまだ、年上好きという意識は芽生えていなかったが、今から振り返ると、すでに女子高生や女子大生を見て、心がキュンとする事があったから年上好きの予兆はあったのだと思う。
 そんな年上の女性ばかりを好きになっていた私が同級生をなぜか気になってしまった…

 今でこそ、女性とも普通にしゃべるようになったが、その当時は女子としゃべるだけで冷やかされるし、見てるだけでも勘の鋭い者からは冷やかされたりしたので、恥ずかしく喋らずに学校生活を送っていた…
 その女子とは1年時のクラスが一緒で席も一応隣、部活は3年間一緒だった。今思うと非常にもったいないが思春期ならではとういこうとであろう。
 だから、私は1年時、席はほぼ隣でもしゃべる日の方が少なかった。
そんな環境だったからか、別教室の時の移動時に後ろから眺めたり、掃除中や部活時に見たり、プリントを回したり、先生に頼まれごとをしたときに話すくらいであった。 間違っても今の小中学生のように付き合うのが半ば当然という時代ではなかった。
 それだけに、ちょっとでもしゃべれた日やしゃべりかけられた日には嬉しくて、先生などに怒られる事があっても気にもしなかったものだった…

 そんな、女子とは夏休みに入ると部活でしか会えない。というより見られないので、いつしか、気になっていただけのその女子で自慰行為をするようになっていた…
 エロ本でしか女性の裸を見た事がない年頃だ。その女子の裸を見たくて見たくてしょうがなかった。しかし、どういうわけか他の女子に関しては全く好きにならなかったのである。
 
 夏休みもお盆の頃は部活も完全に休みなり、その女子を想像し、1日4~5回は自慰行為にふけっていた… 家族旅行時もホテルの個室トイレで妄想セックスをしていた…

     つづく…





当時、他の女子は気にならなかったが、その女子だけは気になってしまった…







FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
応援よろしくお願い致します!

女子アナにハマッてハメる

2014.02.21.Fri.11:08
 私が「女子アナ」に興味を持ったのは早いかもしれない。
というのも、小・中学校とニュースに興味を持たなかった私は、ほぼまったくと言っていいほど見なかった。だから、周りが大事なニュースの話をしていてもさっぱり知らない。加えて勉強嫌いだったので、世間知らずのバカと言われたものである。 
私もこのままではいけないとは思っていたものの、周囲の友人らのようにどうすれば興味を持てるか?どうすればいいか?わがからなかった。

そんな思春期の私がニュースに興味を持ったのはとある民放のニュース番組だった。ちょうど新しく始まるニュース番組だったらしいが、国営のニュースのような硬いイメージはなく、これから始まる他とは違うニュース番組「楽しく!わかりやすく!」みたいなイメージが勉強やニュース嫌いの私にも伝わってきた。
それからはわかりやすい解説だったからか少しずつだがニュースにも興味を持つようになった。
加えて別の事にも興味を持ったようである。
それが女子アナ。毎日見る女子アナはそれこそ芸能人より私にとっては芸能人になりつつあった。今でこそ女子アナも大分ファッションの幅が広くなっているが、その頃はパンストにスカートであり、黒パンストの日には気分が上がったものである。だからか、黒パンストスカートで出られる日にはニュースが耳に入らない事もあった。パンスト好きの片鱗はあった頃であろう。

私が中高当時の友人らは「芸能人の○○がかわいい」「○○みたいな彼女が欲しい」「○○とセックスしてぇ~」などと言っていた。
私は芸能情報に疎いのも手伝ってか、よっぽど女子アナの方が好きであった。そして、そんな女子アナと夢の中でセックスをした事もあった。そんなことに興味津々の年頃だ、パンツの中は夢精であふれていた…



そんな初代女子アナも私が中学、高校、専門学校の途中までお世話になり、次の女子アナに交代した…

そんな女子アナとの過去が走馬灯のように流れた。

好きな芸能人は?と聞かれ、女子アナを言い続けた思春期…
そんな、女子アナでいつもオナニーをし続けた日々…
夢の中でさえセックスでお世話になった日々…
女子アナのような年上のおねえさんが好きになり、同年代女性を恋愛対象に思えなかった中高の頃…
女子アナのおかげでニュースにも興味を持てるようになり、好きな女性のタイプを女子アナの○○と例えられるようになった専門学校生の頃…

 そんな女子アナが交代の時であった。私個人も学業とバイトで時間が無い事もあったが、そのニュース番組をあまり見なくなった。
以前のように、特定のニュース番組がなくなったのだ…



 それからは、自慰行為をしていてもどこか満足感が得られない…
AVなどで女優のセックスシーンなどを見て、肉棒がビクンビクンして一発射精をしても満足感が足りないのである…
一時、性の対象がいなくなったのだった…

まだ、彼女がいなかった社会に出る前の話である…





女子アナが私の人生を変えてくれた…




現在のようにアダルト動画が手軽に見られなかった頃、エロ本を見る度に女子アナとこういう事を妄想していた…

地方ローカル局女子アナ猥褻盗撮
http://www2.sbs-ad.com/track/traffic.php?c=42663-1-159&u=http%3A%2F%2Fwww.jade-net-home.com%2Finfo.php%3Fprd%3D524






TV出演時の女子アナに…



カメラが回っていないところでこんな事を…





FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ



パンストに匹敵するもの

2014.02.19.Wed.10:53
 一時期、博物館で働いていたときの事である。
時代の流れなのか、はたまた派遣会社の性格なのか、派遣会社経由で働いている方(いわゆる現場スタッフ)は、年齢問わず女性が多かった。
 そして、制服に関しても箱モノ事業も関係しての事であろう、運営元の決まりで男女問わず制服があった。
ただ、女性に限っては黒スカートスーツと黒パンツスーツの制服であった。ただ、働く場所によってスカート組とパンツ組に別れていた。
 個人的にはスカートに黒パンストは見ているだけで興奮ものであり、パンプスで歩く時のふくらはぎとかがたまらない…
 かといってパンツスーツがダメなのか?と言えばそうでもない。お尻のボリュームにもよるが、お尻の形がしっかりと出て、太もものところには緩く降りるくらいのパンツスーツで颯爽に歩かれると、そそられるものがある。
 加えてパンツの裾から見えるパンストも妙に艶めかしい…どちらかを選べと言われれば悩むのが本音である。

 働き始めたころは何かにつけて、パンストやお尻を業務上見ていても問題ないように仕事をしていた。
しかし幼いころからパンストを見て、特別な感情を持っているからか、何度見ても見飽きない。それどころか触りたくもなる。が、そこは理性を持って耐えていた。
 だから、至近距離で業務の話や世間話をしているよりは少し離れたところからスカートの揺れとパンスト、パンツスーツの裾の動きからはみ出すパンストを見ている方が興奮を覚えるのである。
加えて、シャツにスカーフを巻くのだがこれに限っては巻き方が首に直接でもシャツの上からでもと特に決まりはなかったようだ。
 しかしこれがまた私の股間に火を入れた。なんというか、ブラジャーを外すような征服感?感情に近いものがある。さすがにスカーフのあたりは胸が近いので顔を近づけるという事は無理だった…

 AVのように、ジャケットを脱がし、パンツスーツを下しながら、スカーフは外さずにシャツだけを脱がし、ブラジャーを外してやりパンストを破ってバックから挿入する…等と真面目に勤務しながらもパンストの同僚らを見ると色々な妄想をしていた…

 20代後半、毎日パンストを見ながら業務をこなしていた時の話である…




スカートパンストはもちろんいいが…




パンツスーツならではのお尻の形と裾から見えるパンストも艶めかしい…




スカーフを解く行為はブラジャーを外す行為に似ている…






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ




妻を求めるマラ

2014.02.17.Mon.21:13
 結婚して数ヶ月、冬のとある日。
その日は上げ終いの建設現場の仕事で朝、家に帰ってきたところだった。
その週は仕事が追い込みで残業続き、週の終わりの頃は会社に寝泊まりだった為、 その仕事からようやく解放され、数日ぶりに家に帰ってきたのである。
帰りの道中、休憩するサービスエリアのインフォメーション受付嬢のパンスト制服姿を見る度にまさぐりたい衝動に駆られる…

ここ数日は寝不足で加えて昨日から寝ずの仕事で帰ってきたため、頭の中は既に夢に片足を突っ込んでいた。
朝飯でも食べて一眠りしようとしていたところ、家内が起きてきた。ただ、いつもと違うのはパジャマでなくすでに着替えていたという事だった。
「おはよう、おかえり。今、朝ごはん作るね。」と、私の返答を待たずに作り始めた。
そして私は、スカートにパンスト、首回りが広く開いたセーターを着て朝食を作る家内の後姿を見ていると下半身がムラッと来た…

 出来上がった朝食を、持ってきた家内と一緒に食す。私が「今日は朝から着替えてどこか行くの?」と尋ねると、家内が「そういうわけじゃないけど、あなたとどこか出かけたいな。と思って。一眠りしてからでいいから。3連休だし。」
 そうか、今日から世間は3連休か。仕事が不定休な私は家内に言われ気づく。
長い空腹から解放された私は、気持ちは落ち着いたが、頭はさらにボーっとしてきた。
テレビを見ながら、洗い物をしている家内の後姿を見ていた…
そして、次第に…
………



 気づいたら、私の席の前にコーヒーが出されていた。どうやら少し眠っていたらしい。「少し眠って起きたらシャワー浴びたら?」と家内が言いながら、こたつの斜め前に座ろうとしたので「こっちにおいで」と私が家内に言う。
 私たち2人は並んで座ってコーヒーを飲みながら、家内はあれこれと何か話していたようだが、寝不足気味の私には馬耳東風だった…
 そんな家内の手を持った私は股間をまさぐらせた。家内は「ちょっと!なんで!?」
私も自分で何しているのだろう?と思ったのだが、家内のいつも違う服装、数日ぶりの我が家、仕事からの解放、疲れマラもあったのだろう。さまざまな条件が重なったのだと思う。
 無論、家内も最初は抵抗したようだが、次第に受け入れそのままセックスを2回した記憶はあるのだが…
そのあとの記憶はない。そのまま2人とも寝たようだった…

 こたつは乱れ、天板にもコーヒーがこぼれ、洗濯物は洗ったまま、あたりは既に真っ暗になっており、出かけたのは次の日の朝であった…





疲れた私を受け入れてくれる家内はまるでエステティシャンのようであった…




パンスト、スカートの妻にこんな事をしてしまった…男の本能であろう。






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ


おねえさんに… ぽっちゃり女性と…… 2

2014.02.16.Sun.05:24
 告白をして返事を待つ私、なにしろ人生初めての告白だ。
おねえさんはしゃべるまでどのくらいの時間がたったであろう?私にはものすごく長い時間に感じたが、多分1分も経っていないであろう。
 結論としては「友達として遊ぶのはいいけど、男としては意識できないの、ごめんなさい」とおねえさんにつげられ、その日は終わる。

 次の日、バイトへ行くとおねえさんはごく自然に作業をこなしていた。私は「これが歳の差か…」と痛いほど痛感した…

 それから数日後、おねえさんは風邪で何日か休み、私は10歳上の女性と話をすることが多かった。
その晩、家には親がいなかったので夕飯は外で食べようかと思っていたのだが、友人らも用事があって時間が合わない。 でも1人よりは誰かと食べた方がいいと思い、その女性を誘う。そしたら、「じゃあ軽く飲んじゃおうか」という事となり、ファミレスで夕飯を食べながら私が最近フラれた話をすると、女性が「じゃあ今は完全フリーだ。今晩は私につきあいなさい」と言われ、私も心にぽっかり穴が開いたからいいかと思い、週末だった事も手伝ってその女性と電車でターミナル駅近くのファミレスで夕飯を食べ、カラオケへ。

 そして夜はさらに更ける、私と年上の女性は駅までのショートカットとしてラブホ街を通る。さすがは週末、周囲はカップルが多かった。昔からここの通りは通ったことは歩けど、女性と通るのは初めてだった…ドキドキする…もし付き合えていればおねえさんとセックスをしてみたかった…などなど、考えながら歩いていると、
「……てみる?」と、年上の女性がしゃべっていた。
私は考え事しながらドキドキして歩いていたので「えっ!?」と聞き返すと、
「…寄って行ってみる?」と言われ、続いて「学生なんだから明日はお休みでしょ?」と年上の女性に言われる。さすがに顔がちょっと赤面していた。
私の頭の中は「えっ?えっ?えっ?どういう事!?」と思いながらも口から出たのは「入ったら、もう朝まで帰りませんよ?」と口走っていた。
年上の女性もさすがに恥ずかしいことを言ったと思ったのか、顔を下に向けたまま、うなずく。私は黙って、女性の手を引っ張って、受付と女性にチェックインした…

 専門学生時、卒業まであと数ヶ月の頃の話である。

    おわり





年上の女性との初めての実戦はうまくいかなかった…



おねえさんとセックスしたかった…






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ

おねえさんに… ぽっちゃり女性と……

2014.02.15.Sat.05:00
 中学校を卒業以来、高校、専門学校、バイトですらほぼ「男」だらけの環境(あとはおばさんばかり)で育った。
しかし、例外的に専門学校の時に始めた季節限定バイト、お中元お歳暮時期だけのバイトで2年間やったのだが、事務処理で若い女性がたくさんいた。
 だが、私は現場で荷物の集荷なので接点はなかったのだが、引き続き、夜やる人や夜のみの方もいて、夜の時間に限っては集荷したものを検品、少量の集荷は女性班の仕事だった。
 
 2年目のお歳暮時期初日、いつも通りに、夜の集荷でバイトをする。そんな時、いつもと違い、若い女性が多かった。というより年の近い女性が多かった。
 男子ばかりの環境で育ったからかどう接していいかわからないが、女性には興味があるので話しかけたくてしょうがなかった…
 そして、検品時や少量の集荷、掃除のときなどに色々と話してみた。しかし、恋愛もせずに、女性=セックスの対象で育ってきた私は恋愛感情のようなものが無かったのだが、とある1人の女性が気になり始めた。

 その女性は今年大学を卒業したばかりのおねえさんで、自分のやりたい仕事に就きたいため、バイトで食いつないでいるという。髪は長く、真顔はちょっとムッとしているのだが笑顔がすごくかわいい。ギャップにやられた感じだ。
 そして、そのおねえさんと仲がいい、髪はショートボブ、丸顔でちょっとぽっちゃりだが、背は小さくかわいい顔をしていた。昼間はスポーツジムで働いていて私より10歳年上の女性がいた。童顔なので歳を聞くまでは同い年くらいだと思っていたほどだ。

 ここの社員の方でお中元お歳暮時期だけとはいえ、私の事をよく面倒を見てくれる方がいた。1週間も経つ頃、その社員の方を通し、私はそのおねえさんと話をするきっかけを作ってもらった。
 それから2週間後、私はおねえさんをデートに誘った。彼氏がいない事は調査済みだ。女性はOKしてくれたので、女性とのデートをしたことがなかったのでデートの日を指折り数えた…
 その間、10歳年上の女性にもデートに誘われた…
というのも、今回の夜の班は全体的に歳が近いからか仲が良く、仕事帰りに他の若者の男女とファミレスで夕飯を食べたりなどが多かった。当然、みんなで話していればそんな話が出て、ある程度みんなの近況が分かっているのであった。だから、年上の女性にデートに誘われた時はビックリした。
 昔から年上の女性は好きだった。というより、気に名なる女性はみんな年上だった。だが、ことごとく縁がなかった。
だから私みたいなまだ社会にも出ていない男がそんな年上の女性に誘われるとは思ってなかった。ドラマの中の話と思っていたくらいだ。もし、おねえさんをデートに誘ってなければ応じていただろう。とにかくデートと言うものをしてみたかった。あわよくばセックスまで… なので、丁重にお断りした。

 そしてデート当日、おねえさんと昼ご飯を食べてからショッピングデートする。その後お茶をして、私は彼女へ今後、付き合ってほしいという趣を告白するのであった…

    つづく…





こんな感じの笑うとキュートなおねえさんだった…





10代の男、始めてのデート。頭の中の妄想に際限はなかった…






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。