色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
美人・OL・おねえさん |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セックスに縁のなかった数年間 2

2014.04.06.Sun.16:30
セックスに縁のない数年間 1話
http://blackgalaxy996.blog.fc2.com/blog-entry-44.html




 養成学校に通い始め1年経過する頃。
付き合っていた彼女との事もようやく過去の出来事として整理できていた。
 だからといって、彼女が新しくできたわけではないので、妄想セックスする相手がバイト先の人妻や出入り業者のおねえさんなどに変わっただけだが、ソロセックス回数をセーブできるようになっていた。
 お茶をするようになったりはしたが、セックスをするような間柄には進展できずにいた。行きずりのセックスならともかく、顔見知りでのそういう間柄は私自身どこかで回避していたのかもしれない…

 そして養成学校2年目になった頃、時間割の都合で近所の紙のリサイクルセンターでバイトする事となった。
そこでの私がやった業務は雑誌を紙とそれ以外に分ける作業をしていた。エロ本の返品の山、付録のエロDVDがわんさかである。
 初めて見たときは、「なんて宝の山なんだ!」と思いながらも、真面目に作業をしていたのだが、男性が多い職場だった。特に若い男などはみんな、ガン見、そして持って帰れと持たされる。
 初めの頃はもらっても見ていなかったが、ふと、時間が空いたある日、1本見てみたら
「今のAV女優はこんなかわいいのか…」と思い、魅入り、次第にハマり、彼女のいない私は家では肉棒を握りしめ、ガンガン自慰行為するようになっていった…
 しかし、



   肉棒を挿入されてハメ撮りされる女優

   バックから腰を打ちつけられている女優

   両手で肉棒をしごき、上下の口でも肉棒をおいしそうに加える女優

   手マンされすぎて塩を噴く女優

   手足を縦横無尽に使って男優の肉棒をいじめる女優

   レイプされているふりをして逆レイプする女優

   精子をぶっかけられまくる女優




 などなど、バイト中に朝から晩まで女性の裸の雑誌を見ていると、お宝の山とはいえ付録のDVDをもらってもありがたみが薄くなり、次第に見る回数も減っていった…

 それでも帰宅後、夜静かになってプライベートな時間になってから改めて見ると、雑誌の写真のみに比べると、DVDなどでのセックスシーンでの女優の喘ぎ声、フェラチオ時のバキューム音、悩ましげな表情、蜜壺と肉棒の結合アップシーンや、バックからひたすらつつかれながら女性が胸を揺らしながら眉間にしわを寄せつつも嬉しそうな表情は動画ならでは臨場感だなと思いつつ、私も肉棒を握りながら、何度も射精した。
 と、同時に別れた彼女や前バイト先にいた女性を頭からきれいさっぱり忘れた時でもあった。

 それからは当分の間は、バイトに行くたびに日々増えていく、アダルトDVDに大変お世話になった。
こうして、自分の好きな体位、試したい体位、こんな場所でやってみたい、などが増えて行ったのである。
多分、人生で1番エロ本、アダルトDVDを見た時期でもあった。
 そして、ごひいきの女優も見つかったのであった…

 こうして、性欲に関しては収まるようになったのだが、


そのアルバイト先で若い女性を見てはそんな不埒は事をしている…
後姿でお尻をプリプリ振った女性を見ては…
彼女持ちの友人などを見ては、今晩はセックス三昧…



 などなど、脳裏に焼き付いたセックスシーンを思い出し、リアルにセックスできる環境の人らが素直にうらやましいと思いながらも、ふと心にすきま風が吹く…
そして、帰ってからまたAV女優にお世話になるのであった…



 人生で1番エロ本を読み漁り、自慰行為にふけっていた20代半ばの頃の話である…

おしまい…





別れてからはAVの中で旅行をしセックスをしていた…







FC2Blog Ranking






アダルト村ランキング


エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願い致します!

スポンサーサイト
[PR]

セックスに縁のなかった数年間

2014.04.06.Sun.13:28
 彼女と付き合って5年弱ほどの頃。
幸せには幸せなのだが、そう思うほど何か物足りない… 
自分と対話をする度に幼いころのやりたかった事を思い出す…

 そして、その幼き頃の想いは現実に頭角を現し、やがて私を養成学校へと追いやる。
彼女との別れを代償に…  
こうして、私は脱サラ後、即、養成学校へ通うこととなった。

 話は過去に戻り、脱サラして養成学校へ通おうと決断した会社を辞める半年くらい前。
その事を彼女に話した当時は納得してくれたのだが、月日が経つにつれ今後、社会人から学生になる私との付き合いをリアルに感じ取れたのだろう。養成学校に通い始めて間もなく別れる事となった…

 別れて間もない頃は

   今まで当然のように隣にいた人がいなくなった…

   好きな女性のぬくもりを間近で感じられなくなった…

   心にすきま風が吹き、何かをしていても頭に彼女との楽しい日々がよぎる…



 などといつもそんな感情であった。
その後、養成学校で夢への距離を縮めるために通い続けていき、ある程度その生活リズムにも慣れると、今度は


   学校にいる同い歳くらいの女性の先生を見ては、誘って一緒に飲みに行ったりしたいと思い… 

   電車内で見るOLを見て、あんな女性と付き合ってセックスしたいと悶々とする…

   駅のエスカレーターで目線の先にあるお尻や、学校でのエレベーターで一緒に乗る先生や出入り業者の女性の肩越しに見える胸の膨らみを見てはまさぐりたくなる…



などの、煩悩がわいて出てきた。

男としては正常なのだろうが、学生に戻って可処分所得がほぼ皆無な私だ。社会人だった時よりは確実に女性と接する機会は増えたのだが、豪遊していた社会人の時のような稼ぎが無いので誘うような声もかけられず、脳と下半身には性欲だけが溜まっていった…

 夢を追うために学生に戻ったわけだが、経済的に余裕があったわけではないので入学とほぼ同時にバイトをするようになっていた…
 バイト先には女性もいたが、大体は社会人になる前の大学生くらいの女の子、もしくは結婚して子持ちの主婦が大体であった。

 セックスしたいと思える若い女性はいたが子持ちであり、そこまでの関係を築く労力、その後、破たんした場合を考えると、身近では行動に移せなかった…
今のように出会い系が半ば当然なら違った秘め事もできたかもしれないが…

 そんな経済的余裕のない私は風俗には当然行けず、だからといって性欲が収まるわけはないので性欲処理に困っていた…
養成学校通学後、唯一気に入ったバイト先の子持ちの若妻で自慰行為をしていたが、入学後半年も経つ頃のある日に別れた彼女に似た女性を見て、思わず声をかけてしまった。  
しかし、もちろん別人であった…

その晩は過去のいい思い出となりつつあった彼女を思い出してしまい、その事だけで頭がいっぱいとなり別れた彼女を使って妄想の中でセックスをしてしまった…

 妄想の中の別れた彼女は当時より、セックスに対してさらに積極的になり、私が教えた1を3にして実践するくらいパワーアップしていた…
 おかげで妄想セックスをした晩は1回では終わらず、2~3回が常であった。
次の日に何も予定がないときは最低でも4回はしていたと思う。おかげでそんな晩は、眠気がいっぺんに来て、裸のまま寝ていたようだった…

 自慰行為とはいえ過去の彼女との妄想セックスは時間を忘れ、骨抜きにされながらも嬉しくもあり悲しいものでもあった………

つづく…







彼女と宿泊旅行先でのセックスはいつも最高であった…





FC2Blog Ranking






アダルト村ランキング


エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願い致します!




きれいな女性を見かけた夜のスーパー

2014.03.29.Sat.18:20
 春も目前のとある3連休最終日の事である。
と言っても世間が3連休なだけで私自身は仕事であった。
それでも、仕事のメドがついたのであとは家に持ち帰ってやることにしたのである。

 家に着いた頃は夕方になっており、ひとまず一服、そしてまた少し仕事を進めた。
休憩を兼ねて、19時過ぎころに外出がてら妻とスーパーへ行き、妻の後を追いながら、私は周囲の陳列棚の食材や出来合い品を物色、そしていつもいつのまにかはぐれるのが私のパターン。例にもれず今日もいつも通りはぐれてしまった。なので、いつも通り妻を探しつつ食材を見て回っていると…


 20代半ば~後半くらいのきれいな女性でダークブラウンのロングヘアー、春らしく明るいスカート、黒いパンストか薄手の黒いタイツ、パステルカラーのパンプス


 3連休だが、休日出勤のクリエイト関係のOLだろうか。
そのOLはカートを使わずかごのみ、食材を見ながらも主に出来合い品のコーナーを見る。
主婦にしては買う量が少ない?などなどと思いながら、私も店内の出来合い品や食材を見ながら、そのOLの女性を視界に入れながら追いかけていた。

 店内には老若男女問わず、薄手のダウンを来た客もいれば半袖の客もいた。今日は特に暖かかったからか、そのOLはどちらかというと薄手の恰好であった。
冬のコートスカートパンストブーツもいいが、その寒さから身も心も解放されはじめ、パステルカラーを挿し色にスカートパンストパンプスも春の到来を感じさせる。

 そんな全体の雰囲気などにつられ、私はそのOLを追いかけていた…



   買い物かごを腕にかけながら歩き揺れるスカート

   首周りからもマフラーの代わりに首回りも少し大きく開いたブラウスと揺れるリボン

   ブーツに包まれていたふくらはぎやくるぶしは剥き出し足の形を美しく見せるパンスト

   シックな色のブーツからカラフルなパンプス



 変な虫の出てくる季節だが、そんな変な虫の気持もわからないでもない。
なんといっても、さすがに声はかけられずとも追いかけたくなるのだから…

 そして、ありがたい事に、私が行きたいと思っていた出来合い品のコーナーばかりに行くので違和感なく追走できた。

 そんなOLが出来合い品などを物色すると、どうしても前かがみになるのでお尻を後ろに突き出す。
ジャケットのウエストの絞りからお尻に向かっての裾が広がり、それに追従するようにスカートの裾も広がる。
そして、その時、同時にお尻の形を浮き出すスカート。ズボンでもスキニーなどなら出るがスカートならではの良さがある。
 その後も、それを少し離れたところから堪能しながら、出来合い品を見つつ、OLを眺める。

 色々見ていると、まれに同じタイミングで同じコーナーへ行くことあった。
その時は至近距離でそのOLを見学し、横に立ち、真近でスカートを見ながらブラウス越しの胸の膨らみを見つつ、前かがみになることによって垂れ下がる髪を耳にかける仕草を見たりと…
 気持ち離れて後ろに立った時は、スカートお尻の形が出ているその先のスカートのひだを見つつ、床に向かうパンストを見る。遠目からだけではわからない、パンストの透け具合と肌の色の共演を堪能する。

 5~10分くらいはほぼ、同行していただろうか。
そんなスカート越しのお尻や艶めかしいパンストブーツから解放された足首などを見ていたら、そのOLとセックスしたくなってきたのである。
陳列棚にOLの手をつかせて



   ジャケットを剥いで、ブラウスをまくり上げ、胸をももみほぐしたい…

   スカートをまくり上げ、パンスト破って、バックからブチ込みたい…


と、思いながら、OLを見ていると、私の肉棒はグググッとそってきたその時
「あなた!」と妻に発見された。私はその大きい声に思わず振り向いた。
同時にそのOLも条件反射のように声のする方へ驚いたように振り向く。背後にいる私に驚いたのか、横にずれたのであった。
 こうして、私のOL追走妄想は終わったのである。

 それから、再び店内を妻と回ると、またそのOLを見つけ、遠巻きに視界に入れながら妻と同行していたのだが、気づいたらいつの間にやら小さい子供がそのOLの周囲をうろちょろと…
実は子連れだったらしい…

 おっ立ちかけていた私の肉棒は次第に萎れていったのである。

 時期的に子供の入園式や小学校の説明会などだったのかもしれない、幼いころに私自身も母とスーパーなどに行ったときにきれいな女性を見ていた事を思い出した、とある春の日であった…



その連れ子と友達なら、その若いおかあさんとセックスができる関係性を築けるかもしれない…




イメージとしてはこんな女性だった。まさか子供がいるとは思わなかった…
素人個人撮影、投稿。493





FC2Blog Ranking






アダルト村ランキング


エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願い致します!





強制セックス失敗に終わる…

2014.03.19.Wed.21:05
 彼女がまだいなかった頃、私は出会い系を使いしょっちゅう女と遊んでいた。
だが、出会い系も大分業者が多くなってゆき、割り切りで会えるサイトで女を探し始めた。
 そんな事を繰り返した結果、経済的にピンチになり消費者金融にも借りるようになっていた。それが積み重なり、借入上限に達していたため、もう借り入れができない状態にまでなっていた…

 それでも、私は



     女とセックスしたい…
     どうにかして女とセックスしたい…
     何としてでも女とセックスしたい…


の、一心であった。

 そこで私が考えたのはレイプレイプならタダでセックスできる。
至極単純な発想であったが、金がなくセックスがしたいだけの脳が導き出した唯一の答えだった…

 そして、ある夏の週末、近所の駅に車で行き、女性が出てくるまで車で待機。
もちろん周りは電灯があると言え、暗闇気味である。
ヤレる女なんて、パッと見てスタイルが良ければ誰でもよかった…
それくらいセックスしたくて、セックスという行為が生活の中心であった…
 
 終電何本か前になる頃、ターゲットとなる女性が駅から私の車の方へ向かって歩いてきた。
暗くて見づらかったが歳のころは20代だろうか、髪は長く、フレアスカートにパンプス、ブラウスぽかった。私は助手席側の窓を開け、地図を見ながら、おねえさんが通りすがろうとしたところ、車中から「すみません」と声をかけた。
 暗闇気味とはいえ、おねえさんは駅の近くでまだ安心なのか、「はい?」と返事を返してくれた。まさしく飛んで火にいる夏の虫であった。私は「ちょっと道を教えてほしいのですが」と地図を見せると、そのおねえさんは助手席に近づいてきた。私は何ヵ所かの場所をおねえさんに聞いた。もちろん全て知っている場所である。
 私の車のシートはベンチシートであったので道を聞きながら運転席から徐々に助手席へ近づく。
そして、道を聞き終わり「ありがとうございます。ご自宅はお近くですか?よろしければ近くまで送りましょうか?」と聞くとおねえさんは「いえ、結構です。近くなので大丈夫ですよ」とやんわり断った。
 そして私は地図に乗せていたおねえさんの手に私の手を乗せ「いや、送りますよ」と言いながら持っていた地図の下に隠し持っていたバタフライナイフをおねえさんの胸に突き当てた。
 おねえさんが声を出そうとした直後、痛そうな表情をした。「いいから乗れよ、騒ぐなら傷物になるぞ」と私は、おねえさんが叫ぼうとする前にナイフを突き当てていた。
 周囲にはもう人気はなかった。女性は観念したのか、恐怖からなのか、私の車に乗った。私はすかさずドアロックをした。

 そして、おねえさんは「殺さないで…」と言った。私は「おとなしく言う事聞けばそんな事はしない」と私が言うと、女性は「はい…」と素直になった。
 私はズボンのジッパーを下し女性に「フェラをしろ」と言うと、一瞬ためらったが、私の肉棒を咥え、口でしごき始めた。久々のフェラチオで気持ちいいのと、レイプしてしまった罪悪感で何とも言えない感情であったが、興奮しすぎたのか気持ち良くてドクドクとおねえさんの口内に射精した。その女性は何度ものどを鳴らしながら私の精液を飲みこみ、先端をなめて掃除した。
 暗闇に目が慣れ、おねえさんの姿を見ると、スカートがずり上がって、下着が見えつつ、ブラウスの首周りからはブラジャー胸の谷間が…

 またしても、肉棒がうずく私はもう1度フェラチオをさせながら、おねえさんのブラジャーの中の胸をもみながら、パンティをずらして指で中をいじってやった。いじくりまくってやった。
 おねえさんは一瞬「あぁっ」と声を出すが、私が「静かにフェラしてろ!」と言うと、身を震わせながら、フェラチオを続けていた。
 そして、私の肉棒はもう準備完了になり「よし、いいぞ」と言うと、おねえさんが涙しながら勃起した私の肉棒にドキッとしながら「お願いします 中は出さないで下さい」と言うので私は「ゴムがあるから大丈夫だ」とコンドームをおねえさんに見せる。
 おねえさんは観念したのか「じゃあせめて私につけさせてください」と言うので、私はズボンを膝までおろしもう一度フェラしてもらってからゴムをつけてもらおうとした、おねえさんがコンドームを持ったままフェラチオをしている。私は射精直後だったからか少しボーっとしていた…
 私が「よし、ゴムをつけてくれ」とおねえさんに頼み、コンドームの袋を破ってゴムを出した直後だった。
「たすけてーーー!!!!!」とドアを開け車から飛び出していった!
周囲はほぼ皆無であったが次の電車の乗降客らしき人たちがまばらにいたらしく「なんだ!?」と思ったようで、私は少しボーっとした頭で「くそ油断した!!!!!」と思い、ズボンが膝まで降りたままでは追いかけられなかったので車を走らせ逃げた!
「捕まったら… ばれたら… 確実に犯罪者だ!」それだけは何としても避けねばとひたすら走った!

 その後は無事に家に着いたが、次の日新聞で見ると、その駅での強姦未遂の記事があった。当分の間は気が気でないので、駅にも近づけなく、仕事をしていても集中できずにいたが、それから数日、数週間、数ヶ月と特に何事もなく平穏な日々を送り続けていくと、
 あれは本当に現実にあったことなのだろうか?とさえ思えてくるのであった…




 とある男の2度と思い出したくない話の1つである…






これくらいハードなレイプもしたい…
http://www.jade-net-home.com/info.php?prd=22637


こんな風に無差別にレイプをしてみたくもある…
http://www.jade-net-home.com/info.php?prd=22654


仮に逆レイプされたとしても堪能してやりたい…






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
応援よろしくお願い致します!



おねえさんに… ぽっちゃり女性と…… 2

2014.02.16.Sun.05:24
 告白をして返事を待つ私、なにしろ人生初めての告白だ。
おねえさんはしゃべるまでどのくらいの時間がたったであろう?私にはものすごく長い時間に感じたが、多分1分も経っていないであろう。
 結論としては「友達として遊ぶのはいいけど、男としては意識できないの、ごめんなさい」とおねえさんにつげられ、その日は終わる。

 次の日、バイトへ行くとおねえさんはごく自然に作業をこなしていた。私は「これが歳の差か…」と痛いほど痛感した…

 それから数日後、おねえさんは風邪で何日か休み、私は10歳上の女性と話をすることが多かった。
その晩、家には親がいなかったので夕飯は外で食べようかと思っていたのだが、友人らも用事があって時間が合わない。 でも1人よりは誰かと食べた方がいいと思い、その女性を誘う。そしたら、「じゃあ軽く飲んじゃおうか」という事となり、ファミレスで夕飯を食べながら私が最近フラれた話をすると、女性が「じゃあ今は完全フリーだ。今晩は私につきあいなさい」と言われ、私も心にぽっかり穴が開いたからいいかと思い、週末だった事も手伝ってその女性と電車でターミナル駅近くのファミレスで夕飯を食べ、カラオケへ。

 そして夜はさらに更ける、私と年上の女性は駅までのショートカットとしてラブホ街を通る。さすがは週末、周囲はカップルが多かった。昔からここの通りは通ったことは歩けど、女性と通るのは初めてだった…ドキドキする…もし付き合えていればおねえさんとセックスをしてみたかった…などなど、考えながら歩いていると、
「……てみる?」と、年上の女性がしゃべっていた。
私は考え事しながらドキドキして歩いていたので「えっ!?」と聞き返すと、
「…寄って行ってみる?」と言われ、続いて「学生なんだから明日はお休みでしょ?」と年上の女性に言われる。さすがに顔がちょっと赤面していた。
私の頭の中は「えっ?えっ?えっ?どういう事!?」と思いながらも口から出たのは「入ったら、もう朝まで帰りませんよ?」と口走っていた。
年上の女性もさすがに恥ずかしいことを言ったと思ったのか、顔を下に向けたまま、うなずく。私は黙って、女性の手を引っ張って、受付と女性にチェックインした…

 専門学生時、卒業まであと数ヶ月の頃の話である。

    おわり





年上の女性との初めての実戦はうまくいかなかった…



おねえさんとセックスしたかった…






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。