色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
人妻 |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼下がりに見た人妻 2

2014.06.07.Sat.15:00
 若妻にアンケートを書いてもらい更に聞きたいこと浮かび上がった私は、車に若妻を乗せ、スタジオへ向かって近くの駐車場へ停めた。

 そして、歩いてスタジオに着いて若妻の第一声が
「ここはホテルですよね?」

 そう、ここは純なスタジオでなくラブホ街の一角なのである。
各地でアンケートを取るので、普通にスタジオを構えると経費が掛かりすぎるという事もあるらしいが、派遣会社からの派遣の私には内情まではわからないのが実情である。
私は若妻
「そうですね
 各地でこのようにアンケートを取るので
 ホテルをスタジオ代わりに使っているんですよ
 まぁ こういうご時世なんでね
 スタジオを借りるよりもずっと安いので…
 それに他のスタッフもいますから
 もし 何か身の危険を感じるようなら
 大声出してもらっても構いませんので」

 と伝えると一応安心したのか一緒に入ってくれ、取ってある部屋へ上がる。
そして、私の上司というかアンケート会社の方へ若妻を紹介する。

 若妻はダウンコートを脱ぐと、その下は白のカーディガンと紫のカットソーであった。
胸の膨らみこそそれほど感じなかったが、見ていると


   服越しに胸を触りたい…

   鎖骨の先の胸チラをのぞき見たい… 

   手を忍ばせて手のひらで乳首を転がしたい…



 と思っていると、上司が夫婦のなれ初めなどのあたりさわりのない会話から、いよいよ夫婦生活のアンケートへ。
そのアンケートの内容を聞いていると
子供が欲しいのでセックスをするが、快楽を得るための手段でもある。旦那さんが淡泊なのかあまり相手をしてくれないのがさみしいとの事。
 この若妻を見てから、そんな妄想ばかりで旦那が相手をしてくれなくてさみしいと聞いてしまったからか、

 
   旦那の代わりにセックスの相手をしたい…

   今すぐ抱いて喘ぎ声を聞きたい…

   肉棒から漏れ出た液体を舐めとらせそそり立つモノを打ちつけたい…



 そんな若妻のカミングアウトを聞くと私の妄想は頂点に達しつつあり、パンツにヌルッとしたものを感じていた。

続きを読む "昼下がりに見た人妻 2"
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

昼下がりに見た人妻

2014.06.06.Fri.16:00
 とある冬の日中、私は派遣会社経由の仕事であるアンケートを主婦対象に取るため都内下町の商店街をうろついていた。
 アンケート開始したのは昼前でその頃は昼食の準備などでの買い出しなのか、奥様方も移動しながらはアンケートの趣旨までは聞いてくれても回答までは誰1人として至らなかったのである。

「今日はなかなか捕まらないな」と私は近くの自販機でホットコーヒーを買いながら道路を挟んで商店街を見ていた。
アンケート開始して3時間ほど経過― 14時過ぎになっていた。

「さて どうしたのものか…」と思っていると、
商店街を買い物している奥様の中で1人だけ目についた若い女性がいた。

 その女性はブラウンのロングヘアーを下側でポニーテールに仕上げ、上は白のダウンコートで下はジーンズにムートンブーツ。自転車の前後の籠には食材を積み押し歩いていた。

 そんな服装だからかママチャリが主婦色丸々出ていたからなのか、色気は全然感じないのだが、なぜだか目が離せなった。
 私はホットコーヒーを飲み干すと「よし あの若妻に声かけてみるか」と思い、信号が青になると歩いて距離を詰めていった。

 私はタイミングを見計らい、その若妻が商店を見終わり次へ移動を始めたところで声をかけた。
実際に近くで見ると、20代半ばくらいであろうか?
 服装こそ主婦だがその顔立ちや髪型が私好みで仮に仕事でなくても声をかけたくなる存在であった。加えてダウンコートのジッパーは胸元の少し上まで開いており、その下は胸元まで開いているカットソーのようで、胸チラ的なものもは期待できそうであった。

続きを読む "昼下がりに見た人妻"

人妻が気になりだした高校時代 下

2014.04.25.Fri.15:00
人妻が気になりだした高校時代 上
http://blackgalaxy996.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

人妻が気になりだした高校時代 中
http://blackgalaxy996.blog.fc2.com/blog-entry-58.html



 バイトを始め2カ月も経つ頃には既に、学校へ行っていても、常にその人妻が脳裏によぎっていた。
「何かの感覚に似てるな……」と思い、日々を過ごし、週末のAV女優らとセックスしていると、「AV女優にハマったときの感覚だ!」と思った。
 それからは、人妻に似てるAVだけを借りるようになり人妻と疑似セックスをするようになった。
貸し出し中の時は、人妻を脳内に明確にイメージし、きれいなセックスだけでなく、変態的は行為を強要した事もあった。

 そんな下心が妄想で爆発するようになると、「この人妻と何とかセックスしたい!」と頭の大半を占めるようになり、休憩時なども座るときの距離を近くしたり、話を真剣に聞いたり、相談を持ち寄ったりしてみた。あえてわざとらしくない程度に手が触れたり、何かの仕草ついでにわざとない程度に腰に手を当ててみたりなどと…
あの手この手を考え、妄想だらけの高校生は夏休みもがんばってみたのである。



 夏も終わり、秋めいてきたとある日の週末バイト中の事である。
 その日は朝からバイトをしており、ここのところ、休みなく稼働していた製造マシンがちょっとしたトラブルを起こした。その間、稼働が可能な製造マシンで製造しており修理が終わったときは昼になろうとしていた頃であった。その後は、マシンが停止していた時間を取り戻すため休みなく働いており、昼時間も皆で一斉にとるのでなく、数名交代で取っていた。
 そのため、15時のお茶休憩も普段は作業の班ごとの休憩になるのだが、この日はどこの製造ラインも機械を止めずに何人かずつの休憩に入っていた。
 その時、私は人妻と2人きりでの休憩となり「今日こそ何か進展させたい!」と思っていただけにこれはラッキーだと思った。

 製造マシンの音を遠くに聞きながら、私は人妻との距離を縮めようとの言葉を発しようと思うほど、言葉が出なかった…
聞きたいことも聞けない、女慣れしていない自身が歯がゆかった……

 私は他愛のない会話が続けていると人妻が話を広げ聞いてきた。
「そういえば、彼女や好きな人はいるの?」と聞かれ私は
「えぇ、まーいます」というと人妻は
「えぇー!?どんな子?かわいい?」と言うので、こんなにキャピキャピした人妻を初めて見たと思うと同時にやはり女の子なんだなと思った。

「ねぇねぇ~どんな娘?」と人妻がはやしたてる。

続きを読む "人妻が気になりだした高校時代 下"

人妻が気になりだした高校時代 中

2014.04.24.Thu.15:00
人妻が気になりだした高校時代 上
http://blackgalaxy996.blog.fc2.com/blog-entry-57.html


 男子校の学生である私は彼女もできないまま高校2年になった。
新年度をきっかけに学業に加えバイトを始めた。
こずかいがもう少し欲しいからというのがバイトを始めた理由である。
 勉強に関しても決して良くはないが悪くもない。親もその事に関しては特に何も言わなかったので 特に問題なく始められた。

 近所の食品工場でバイトを始めたわけだが、パートの女性(主におばさんなわけだが)が多かった。
私も人生で初めての仕事でありバイトであったので、見事に言われたことだけを指示通りやっていた。
 私が初めて担当したところはベルトコンベアに乗った調理途中のスィーツに装飾していく工程であった。初めは不慣れで何度か失敗も続き、食品なだけに丁寧に扱わないと形は崩れるなど、神経的にはなかなか参った…
 
 食品を取り扱う仕事なだけに皆、全身をおおわれた作業着で見えるのは「目」のみである。
ボディラインもクソもない。だからこそ、目だけを見て「きれいな女性だな~」と思って、休憩時に見ると、なかなかのおばさまであったりと… 
 マスクをした歯科女医マジックに匹敵するほどの衝撃を度々経験したのであった。


 そんなバイトにも女性の識別にも不器用な私であったが、数週間も経過すると不器用なりに少しづつは慣れていき、女性を識別する器用さも出てきた。
 そしてよく見ると、以前からいたのだろうが、おばさんと一括りとするには失礼に値する女性を休憩中に見かけるようになった。  
 以前、作業中にしゃべる事があってからちょくちょく話しかけられるようになったのだが、改めて話をしてみると、ここでのパートを数ヶ月前から始め、既婚小学生の子持ち、歳は四捨五入すると30歳で人妻だがかなりきれいな女性であった。

 通りすがりの人妻やスーパーなどできれいな奥さんなどを見れば


   暑い時期の買い物、薄着でブラジャーが透けるきれいな奥さん
   
   小さな子供を連れて、下着が少々はみ出しているくらいでは気にしない若妻
   
   旦那さんとデート中、光沢のあるパンストでメイクアップされた足の人妻


 などなどの女性を見てはAVのような妄想ばかりをしていた…

続きを読む "人妻が気になりだした高校時代 中"

人妻が気になりだした高校時代 上

2014.04.23.Wed.15:00
 高校生になり数ヶ月もすると、通学途中で見る女性も増え私の頭の中ではすっかり
「女性=性の対象」となっていた。
学校が男子校だっただけに余計にそういう頭になっていたのかもしれない。

 きれいな女性とすれ違ったり見るたびに


  長い髪をかきあげてうなじを舐めまわしたい…
  
  ブラウスの上から、胸を揉みくちゃにしたい …

  スカートを捲し上げてパンストを撫でくりまわしたい…

  ルージュを塗られた唇に肉棒を咥えさせたい…

  

 などと思ったものだ。

 男の高校生がブラウス?パンスト?ルージュ?
高校生になった私は既に大人の年上女性に興味を持っていた。
 私自身も老けており、それも手伝ってかオバ専とも言われたくらいだ。
まったくもって失礼な話だが、年上が好きなものはしょうがない。
基本的に男はきれいな女性が好きな生き物である。それをモノにできるかできないかはともかくとして…

 だからなのか、高校生になって久々に会う同級生などが彼女を連れていても、
少しは羨ましいなとは思うのだが、この女とセックスしたい!などとは思わなかった。
友人の彼女なのだから、道徳上そんな事は思ってはいけないことは分かっている。
 
それでも、私から見れば「同じ女だ、雌だ」 それに対して、交わりたいて気持ちが起きないのは、私が偏食家か、相手に魅力がないのか、という事だろう。少なくともセックスに関してだけ言えばだが…

 それだけ言うならさぞ、「いい女を連れてんだろうな?」と思う事であろうが、残念ながら、女友達どころか、女性の知り合いもいなかった…

 そんな私の仮想の彼女はAV女優であった。
ただし、OL、人妻、未亡人など限定ではあったが…
私はどうやら、少し人生に疲れた感じの女性を好むらしい。

 高校が休みの日曜で、家に全く誰もいないときなどはソロセックス耐久戦と称し色々なAV女優とよく疑似セックスをしたものである。
 親が仕事などで泊りの時は嬉しくなり、土曜の夜から1人のAV女優を相手に何度もセックスをした… 
若さゆえの暴走であろうが、何度射精しても肉棒に刺激を与えれば、復活してくれる。
おかげで後半の方は肉棒は感覚がなくなってくるし、精子に関しては透明になる始末だ。
それでも、一晩寝ればまたやりたくなる。精力盛んなAV女優が彼女の高校生であった。

 

続きを読む "人妻が気になりだした高校時代 上"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。