色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
妻・彼女 |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻と花見と… 2

2014.04.08.Tue.14:38
と花見と… 1話はこちら
http://blackgalaxy996.blog.fc2.com/blog-category-18.html





 私とはさらに暗がりに行き、周囲を確認し人がいない事を確認すると、私は肉棒を出しが咥える…
辺りは真っ暗だ、風に舞う桜の音以外には「ジュポッ、ジュポッ」とフェラチオをする音しか聞こえない。


   星や桜などの自然を見ながらのフェラチオ

   冷気が下半身に当たり、尻に力が入り肉棒もいきり勃つ…

   人気はないとはいえ、通りすがりの誰かに見られるかも…



 と考えると、ある意味興奮ものである…

 いつものベッド上の家屋に守られた安全なフェラチオとは違い、少し強めのフェラチオであった。私もの頭を両手でグッと押さえながら咥えさせたまま、口の中へ発射した。
 久々の射精で精液も「ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ」と出た。というよりはあえて、の口の中へ出した。この星空などの自然の中で射精してやりたかった。
 妻もこのタイミングで出すとは思っていなかったようで、油断と精液の多さに口からあふれ出て顎から垂れていた…
 
 射精するたびに尿道口を舐められ、腰が引ける思いをしながらも最後まで出し切ると、妻は出された精子を、口から地面へ出した。

 妻は「口の中には出さない約束でしょ!?」と声を押し殺しながらも少し怒っていた。私も「ごめん、久々でガマンできなくて、つい…」
「もうっ~!」と妻は眉間にしわを寄せ怒りながらも
「帰ったら、ちゃんとしてもらうからね!明日はどうせ雨だろうし!」と妻からセックスを誘ってきた。
 私は「なら、このままここでセックスするか」と提案。いつか外でセックスしたいと思っており、いつもコンドームを持ち歩いていたのである。
 さすがにこれには妻も驚いたようだが、酔いも手伝って渋々だが提案に乗ってくれた。

 私がまた肉棒を妻に向けると即座に加えフェラチオを始めた。さすがに思春期のようにすぐには勃起しないがそれでも、妻のフェラチオは私の好みのようで次第にムクムクしてきた。

 フェラを一時中断し、互いに唇をむさぼり合う。
私の肉棒は普段は風を感じないところに冷気を感じながらビクンビクンとする。外ならではである。
そして、妻のスカートの中に手を入れ、パンストの上から下着を触ると湿気を帯びていた…
私は続けてパンストを少しおろし下着の脇から指を入れ蜜壺を指で開くと、中は既に「ニュチョッ」と音がする…
 妻の蜜壺は準備万端のようなので、再度私の肉棒をフェラチオしてもらう。
 そして、コンドームをつけて、妻は壁に手を付けて、立ちバックの姿勢でセックスをする。
暗くて見えないが、パンストをずり下して、下着をずらしたまま肉棒を挿入していると思うと、半ばレイプのようで興奮する…
 いつもは声を出す妻だが、外だからか、口に手を当てて耐えていた。それでも少し声が漏れているのを聞くと、私も更に興奮し、声を出させてやりたいと、激しくピストンする。

 緩急をつけながらも激しく打ち付け「あっ、あっ」と声が出ると、この声をいつまでも聞き続けたいと、さらに打ち付けるのだが、私の射精感も高まってくるので、ゆっくりと、妻の漏れ出る声を聞きながらセックスを堪能する。
 そして射精の限界も見えてきたころ、私は妻の蜜壺にガンガンに打ち付け、ガマンできずにいる声を聞きながら射精した…
 
 さすがに先ほど射精したばかりなので量はそれほど出なかった。それでも余韻に浸りたい私は蜜壺から肉棒は出さずにゆっくり動かしながらそのまま余韻を楽しんだ。
 
 セックスが終わり各自の陰部をポケットティッシュで軽くふき、ごみと一緒にコンドームなどをまとめた。

 セックス最中には気づかなかったが、いつの間にか雨が強くなっていたようであった。ほろ酔いに加え、木の下だからあまりわからなかったようで、結構濡れていたようだ。
そして、帰る準備をして、帰路に着いたのであった…

 公園と自宅は歩いて5分くらいなのに、家に着くころには雨がすっかり本降りになってきた、花見をしておいてよかったと思いながら、酔いも手伝い、着替えてすぐに寝たのであった。

 そして次の日、太陽がしっかりと出て最後の花火日和であった。
しかし、午後から雨で場所によっては雪であったという。
私と妻は昨晩の雨に大分濡れていたようで風邪を引き、一日寝ていたのであった…


   暗闇の中でのフェラチオ、そしてセックスは癖になる…

   また、こんなシチュエーションでしてほしい…



風邪で寝込んでても頭でそんな事ばかりを考えていた…








今度は旅先の公園でも…






FC2Blog Ranking






アダルト村ランキング


エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願い致します!
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

妻と花見と…

2014.04.08.Tue.11:15
 寒さも終わりを告げ、桜も満開のとある日。
しかし、この時期はまだまだ寒の戻りもあったり、雪が降ったりと中々油断できない。
そして、その年の春もそうであった…

 次の休みに妻と都内に出かけるがてら花見でもと計画していたのだが、数日前から花見決行日の前日からは悪天予報が出た。そして花見前日、仕事からの帰り道にはポツポツと雨が降ってきた…
 しかし、家に帰った頃には一旦止んだようだが、明日花見ができない事も考慮し、酒とつまみを片手に歩いて5分ほどのところにある近所の公園に妻と桜を見に行った。
 この桜のある公園、360度見渡すほどの桜ではないが、視界を埋めるくらいの桜はあり、ここ数年は来ている。
 
 昼間は子供たちが遊んでたり、野球をしているようで、いつもにぎやかな声が聞こえてくるのだ。
公園といっても遊具もない小さい公園で電灯も1つ申し訳程度にあるくらいだ。
私と妻は桜から少し離れたところにあるベンチから桜を見ながら酒を片手につまみをつまむ。
 春とはいえ夜は寒く、身体にアルコールを入れる度に暖まってくる。そして、次第に雨がポツポツと降ってくるが先ほどよりはまだ弱く、念のためにと持ってきた傘に当たる雨音を聞きながら花見を続行。

 寒さもあったのだろう、花見中はベンチにシートを敷いて、ひざ掛けをかけながら2人で寄り添って見ていた。私はひざ掛けの下に手を忍ばせ、妻のパンストをまさぐる…
 そして、スカートの中へと…
と、手を忍ばせたかったのだが、そこはうまくスルーされた。
それにしても、ここまで密着するのはセックスするときくらいの距離感だろうか。

 チューハイを3缶ほどに突入したころだろうか、私も妻も日中の仕事の疲れからか
ほろ酔い気味であった。
雨は少し強くなっていたようだが、傘をさしていたし、ほろ酔いであったのでさして気にならなかったようだ。
 そして、つまみも終わりチューハイも底をつき。ほろ酔い気分で雨音を聞きながら桜を見ていると、弱々しい電灯に照らされている桜を見ていると、その艶やかな桜がなんと色っぽい事か…

 私はその艶やかな桜に誘われるように、桜のすぐそばまで行き改めて見る。遅れて妻もやってくる。
そんな妻に触れながらの艶やかな桜を見ていると、


   誰もいなく暗いこの公園で、妻と無性にセックスをしたくなってきた…

   パンストを破ってバックからブチ込んでやりたい…


 無論、妻はそういう変態に部類される行為は好きではない。あくまで常識的なセックスが好きなのだ。
 私もそれはわかっている。わかっているのだが、そんな変態的な事をしてみたい。

 アルコールでほろ酔いも手伝って、欲望も解放したい。 


   誰もいないこの暗がりの公園で桜と星空をバックに妻とセックスをしたい…


 もちろん妻には断られた。
しかし、この公園で花見をするようになって3年。
それにこのまだ寒く人気のない公園で花見の時期にしかできない。
そう考えると、私もそう簡単には折れる事も出来ず、色々と言って懇願する。

「…じゃあ、しゃぶるだけならいいよ」と、妻がフェラチオだけならと許可してくれた。
多分、アルコールで少し思考がゆるくなっていたのかもしれないが、外では絶対にやりたがらなかった妻の言動は私にはありがたかった…
つづく…



 

公園でも夜になればプレイスポットに…




FC2Blog Ranking






アダルト村ランキング


エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願い致します!

寝台列車にて… 2

2014.02.10.Mon.15:18
 部屋に戻った私たち2人は車窓から外の景色を眺めていた。と言っても、特別な風景ではない。それでも、通勤列車のロングシートやボックスシートで仕事帰りに車窓から眺めているのとはわけが違う。



寝台車…
2人きりの空間…
そして旅…



 男の私はこれからの数日を考えると、妄想が膨らむ… 夜這いじみたことを寝台車でも…
 
 そんな事を考えながら、たまに彼女が話しかけてくることにも生返事だった。気づけば本州最後の停車駅を到着。時刻はあと30分で明日になる頃だ。
 この後は、函館に入るまで停車駅はない。ブルートレインはひたすら走る事となる。私たちも旅への気持からか心が解放されているのか、再度セックスへ走る…
 お互いの下半身は風呂上がりのいい香りはなく、セックス後の匂い。しかし、男の私はそれがまたそそる…
いつもならそこまでしないのだが、気分も手伝ってか射精後もひたすら愛撫をしあい、肉棒が回復したころにはまたセックスをする…彼女も普段とは違い受け入れる…
 耳を澄ますと列車の走行音でなく、吐息のようなものが聞こえる…隣の部屋でもセックスをしているのだろうか?デュエット車両ならではなのかもしれない。それならば各部屋お互いに遠慮なしてことで、すでにフニャフニャだった肉棒をフェラしてもらい、また勃起させる。ある意味、周りの乗客のテンションに持ち上げられ、彼女に3度目の挿入。
 しかし、セックスは何度しても気持ちいい。彼女の吐息や喘ぎ声、滑らかな身体が好きで好きでたまらない…
 3度目のセックスが終わるとさすがに朝から起きている2人は眠くなり次第に落ち着く。その後、彼女はいつのまにか寝たようだった。
 私も寝ようとするのだが、いざそう思うと寝付けず暗闇の夜景を車窓から眺めていた。幼少期からブルートレインに乗る事を熱望していたからなのかもしれない。その後、列車が停車して機関車を変更していたようだ。
 いよいよ本州が終わりだなと思いながら、青函トンネルを拝まないまま私も寝たようだった…

 朝、いつもと違う、レールの継ぎ目の「ガタン、ゴトン」という音で目覚め起きる。と言っても私は夜更かしをしていたので10時過ぎだった。車窓からの景色は広大な大地に変わっていた。
 彼女は既に起きて準備完了し、いつでも降りられる状態になっていた。寒さ対策をしながらもしっかりめかしこんだ彼女。昨日の乱れた姿を思い出すと、どうしても脱がしてやりたくなり、私は彼女に「北海道セックス1回目をしない?」と誘ったところ、「バカじゃないの!?」と一蹴された。
 昨日の艶めかしい彼女はどこかへいってしまったようである。

 終着駅の札幌まで、あと1時間強。私も寝ぼけながらも準備を開始。洗面後、小便のため、トイレに入ってパンツを下したら、肉棒からは精子の匂いと動物の匂いがまとわりついていた…


 11時過ぎに札幌駅へ到着。4月なのに冬の寒さだと思いながら、俺の肉棒は縮み上がっていたが、今夜からの数日を思うと下半身に暑いものが込み上げてきたのである…



ぎりぎり20代前半と言える、歳だけは若く頭の中は煩悩だらけの時の話である・・・


     終わり





寝台列車で…
いつかはロイヤルで贅沢なラブゲームを…




また寝台列車で…
http://www2.sbs-ad.com/track/traffic.php?c=42663-1-159&u=http%3A%2F%2Fwww.jade-net-home.com%2Finfo.php%3Fprd%3D7469






FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
押していただけるとさらにやる気が出ます!


寝台列車にて…

2014.02.09.Sun.11:37
 就職した会社を辞めて数ヶ月した頃の話である。
 以前から彼女が「いつか北海道に行きたい」という事を話していたので、幸か不幸か時間的制約のなくなった私は、有給休暇を取った彼女と北海道へ旅に出た。
 ただ、私の条件はいつもターミナル駅で見る寝台列車で行くこと。
 急きょ決まった旅行だったのでさすがに、A寝台2人用個室ツインデラックスは取れなかったが 旅行代理店の方に何とか頑張ってもらいB寝台2人用個室のデュエットを確保はできた。そして、寝台列車「北斗星」のチケットを手配し、旅行当日を迎える。

 出発当日の夕方、私は少し前から寝台列車が入線予定のホームで列車を見ながら彼女を待つ。周りには徐々に会社から帰宅組のサラリーマンやOLが増えてくる。
日も沈んで、電車を眺めながら待つこと1時間、春といえど私の身体もめっきり冷えていた。そんな事をしているうちに彼女は他のサラリーマンやOLの群像に交じってやってきた。仕事後、荷物を持ってきてそのままやってきて北斗星を一緒に待つ。
間もなく、寝台列車がやってくる。減速しながらやってくる青い客車には様々な客が乗っていた。
 いつも、ホームから見ていただけの青い客車に今日は乗客として乗る!嫌でもテンションが上がる。
初めての寝台列車、彼女との久々の泊り旅行、加えて見知らぬ土地で数日間一緒。
私の頭の中では純粋にそれをただただ嬉しく思うと同時に、下半身はセックスの事ばかりを考えていた…

 すぐに本日の部屋にチェックイン。B寝台とはいえ、初めて乗る2人には充分な感動を覚えた。そして車内から見るいつもの駅が映画館で見るような風景に見えた。その後、寝台列車北斗星はすぐに発車。
 2人で少しの間、車窓からの風景を眺めながらどちらかとも言わず、互いを触り始めた。そして、互いをまさぐりながらキスを交わし次第に来ている服を脱がそうとしていると次の停車駅への放送が入り、2人とも我に返り、ひとまず身を整え次の停車駅を発車してから買っておいたチューハイを片手に駅弁を食べながらたわいもない会話をしていた。
 その後、TVを見ながら私は先ほどの悶々とした気持ちがまた沸いてきて彼女と触りあい、キスをし、絡め、服を脱がし、まさぐり合う。走るホテルとはいえ「寝台」だ、普通のホテルのベッドの広さはない。加えて電車の中でのセックス、すぐ隣には別の乗客が…だからかある意味興奮を覚える…

 セックス後、一眠りして起きた私たちは小腹がすいたので、食堂車のパブへ。そこではお酒を楽しんでいる乗客がまばらに。薄暗い照明のいい雰囲気の中、2人ともビーフシチューとアルコールを嗜みながら車窓から暗闇に浮かぶ光を見ていた。そしてパブタイムも終了すると、また部屋へ戻る。
 私は先を歩く彼女の後姿を見てまたセックスをしたいと思うのであった…


     続く…




寝台列車で…
いつかはロイヤルで贅沢なラブゲームを…




こんな変態チックにもやりたい…

素人夜這寝台列車 上野~札幌 闇の時刻表
http://www2.sbs-ad.com/track/traffic.php?c=42663-1-159&u=http%3A%2F%2Fwww.jade-net-home.com%2Finfo.php%3Fprd%3D7469




FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
押していただけるとさらにやる気が出ます!


一晩中 セックス

2014.01.31.Fri.19:07
 

彼女ができて数ヶ月もした頃、互いにセックス未体験だった2人もようやくぎこちないセックスができるようになった。
 初めの頃は、挿入すらまともにできなかった私も、知人に聞き、アダルト雑誌などで学び、いっぱしになった。と、思う。

 それから、1年もたった頃だろうか。
彼女には女子高生の妹がいる。彼女セックスに対してはどちらかというと好きだが彼女の妹はセックスが好き!と断言できるくらいなタイプと聞く。
 そんな彼女の妹の彼氏は10歳くらい離れた男性だった。
聞くところによると、妹カップルは会うと、いつもセックスがあるのが当然なデートだったらしい。
私と彼女セックスは好きだが、一緒に出掛けたいという気持ちの方が勝ってしまい、セックスの回数としては妹カップルに負けていたのかもしれない。
 ただ、セックスをしたいときは、あらかじめ私から彼女に伝えて、朝から晩までラブホに籠るという形をとっていたのでセックス時間数は長かったかもしれない。
 休憩や1回して終わりというカップルからすれば変態的行為に見えるかもしれないが、お互いが出かけたいときは1日中出かけるというスタイルを取っていたからセックスをしたいときは1日中ホテルに籠り、互いを求め、互いに抱き合って寝ていた…

 出かけるか?セックスか?
な選択肢の私たちであったが、泊りで出かけた時だけはセックスもセットだった。
 もっとも、朝から出かけて、夕方に宿にチェックイン。夕飯後、一緒に風呂に入ったり、その後テレビを見ながらまさぐったりなど、床に就きながらセックスをして一発射精すれば、そのまま2人とも寝てしまっていた事ばかりだった…

 性に対してオープンな彼女の妹は彼女に対して、彼氏とのセックスについてよく話していたらしい。
ある日、彼女に対して妹が「一晩で8回もヤッたからかアソコがヒリヒリだよ」と言ったらしい。
 そして、そんな話を聞いた私はそんな話はエロ本だけの中だけだったと思っていただけに、彼女に「一晩中セックスしない?」と頼んでみた。
 初めは驚いた様子だったが、お互い無理のない範囲でという事で計画は実行された。

 まだまだセックスを覚えて1~2年の男女のカップル。
好奇心旺盛な子供のように標準的な体位からAVで見るような体位と、さまざまな体位を試す。
 平均すると多分1時間というサイクルでセックスをしていただろうか。射精しては休憩しても、ちょっと休むと肉棒がビクンッとしてくる。
 なんだかんだ彼女もまた腰を動かしてくるようになる。
8回はやれたが、厳密には回数を覚えていない…
 後半はさすがに精子も透明になっており、肉棒も勃つが硬さはイマイチで感覚も鈍くなっていた。おかげで、何度ピストン運動をしてもイケなく、彼女の喘ぎ声だけを堪能し、イキたいと思ったところで、彼女との脳内セックスで射精した。
しかし、精子はほぼカラだった…

 朝方になっていただろうか。さすがに二人とも疲れ果て、互いの下半身は大人な匂いをまとったまま寝てしまった。

 起きて、シャワーを浴びてチェックアウト。時間は夕方だったが、夏だからかまだ暑く、身体の水分が足りない2人には辛かった。そしていつもよりも多く寝ていたのに、2人とも頭がボーっとしていた。

 セックスという色事でしか互いに繋がっていられると安心できるものが無いと思っていた、まだまだ若い2人であった…





続きを読む "一晩中 セックス"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。