色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
フェチ |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元旦早々 一晩中夜通しセックス?

2015.01.04.Sun.15:00


大晦日除夜の鐘を聞き年明けを感じつつ
その流れで妻と神社へ初詣でへ向かった

周囲を見渡せば…


ホットパンツに黒パンストの若さあふれるファッションの
女子高校生くらいの若いカップル

プリッとしたお尻とカラータイツやパンストにブーツで
きれいに着飾った女子大生くらい?の女子が数人

ニット帽をかぶり上着はしっかり厚手でも
その下は薄手のシャツでしゃがみこんだときには
つい見えてしまったブラチラの若い人妻とその家族…

ついさっきまで仕事をしていた?と思われる
コートの下にはリクルートスーツでこそないが
しっかり目のビジネスファッションのOLら数人
そしてラメ入りなのかパンストが上品に輝き
そしてブラチラしない程度にシャツのボタンは少し外しつつも
マフラーはざっくり目の巻き方であったので
鎖骨はチラチラと見えてしまった…


新年のお参りに来ているのにもかかわらず
そんな光景ばかりが視界に入ってしまい
当然頭から離れる事なく
煩悩を持ったままお参りが終わる

そして
公園を抜け駐車場へ向かう途中にある
公園のトイレで
妻がよこにいるにかかわらず
今年初の自慰行為を…

煩悩は白い精液と共に便器へ流したのだが
久々の人気の多い所へ来たからか
はたまた
見る女性全てがきれいに見えたのか

たちまち煩悩は下半身へ集中し
準備完了気味である…

そんなきれいな女性ばかりを見ていたからか
帰りの車中にて つい
「日の出までホテルで過ごそうか?」と
妻へ打診すると
一瞬ハッとしたようだが了承してくれた

帰り道の通りにあるホテル街は
正月のおかげなのか 
満室 が光っていたが

昔からしっている少し離れた
さびれたホテルは開いていたので
そこへチェックイン

始めこそ
妻へは優しく接していたが

先ほどの映像がどうにも目から離れず
ガンガンセックスへ…

先ほどの自慰行為で煩悩を出していなければ
もっと激しく求めていたかもしれないと思うと
自分に助けられた思いである

しかしさきほどのきれいな女性らの


パンスト脚線美のふくらはぎや太もも

思わず触りたくなるプリッとお尻

見えそうで見えない若妻の胸チラやブラチラ

ムネチラ対策があだとなったOLの鎖骨チラ


などが目が離れないからか
はたまた
久々にホテルでのセックスで興奮からなのか

数発では収まらず
一晩中とは言えないながらも
朝までセックスをしていた

気づいたころにはすっかり
日の出手前となり
お互いに下半身に
イヤラシイ臭いを充満させつつ
早々とホテルを後にする

そして
日の出のスポットへ到着すると
そこでも


ブーツとスカートから作られる絶対領域のパンスト美女や

今日も出勤であろうか?のリクルートスーツOL
マフラー下の胸は分かるほどのサイズであった

そんなおねえさんらを見ていると
またしてもやりたくなり

日の出を見て自宅へ帰ると
妻は即座に寝てしまった

疲れマラなのか?
それともまだ脳裏に焼き付いているのか?

脳裏に焼き付いたおねえさんや若妻と…

その後
私も一人で処理すると寝落ちしてしまったようで
起きたときには夕方であり
目をこすった手からは自慰行為を覚えたての臭いがした



新人の女優と比べれば衰えは感じるものの
今でも一級品の戦闘力を持つ吉沢明歩で抜いて下さい
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

芝刈り中の若妻からの褒美 2

2014.06.18.Wed.15:00
 私は信号待ちの停止中、芝刈りをやりなれていない若奥さんの作業具合を見ていると、胸チラチャンスがあると踏み


   広い首周りの奥に広がる胸の谷間だけでなくブラチラを見たい…


 と思って芝刈り風景を見つつ若奥さんを見ていると、若奥さんは何か虫の知らせのようなものでも感じたのか、私の方を見た。
 目が合ったかはわからないが、若奥さんは何かを感づいたのか、首にかけていたタオルの両先を首襟の中へしまい、胸チラ対策をされてしまった。
 私は芝刈りをメインに見ていたつもりであったが胸チラが本気になっていて、そういうエネルギーが出ていたのかもしれない…

「あれ!?
 気づかれたか?
 でもここで見るのを止めると
 それはそれで怪しいしな…」
と見るものがなくなってしまった私は、普通に草刈り風景を見続けた。
すると若奥さんは草刈りをしながら後ろ向きになり始めた。
 胸チラ対策の後ろ向きなのかもしれないが、お尻好きの私にこれは嬉しい誤算であった。このお尻をプリプリさせながら内股後退の中腰草刈りは嬉しいサービスに感じた。

 ツナギや作業着は機能性優先の為、多少緩く作られているが、女性の身体ライン加わることにより、あのようなお尻を突き出される姿勢になると、スーツスカートとは違うエロさを感じ


   あのツナギ越しのお尻をひたすら撫で繰り回したい…

   ウエスト部分のくびれで巻かれた袖から上に着ているシャツのシャツ越しにブラジャーをもみくちゃにしたい…

   武骨なツナギの下に履いてる女性のパンティ部分のをジッパーを下して拝んで嗅ぎたい…

   ツナギをずりおろし、股に顔を埋め鼻っ面でアソコをいじくりまわしてやりたい…



 などと思っている間中、若奥さんは私に対してはずっとお尻を向けて振りながら草刈りをしてくれていた。
そのお尻はまるで私を誘っているかのようであった。

 その後、中腰に疲れたのか背筋を伸ばすと蒸し暑さも手伝ってか結構な汗をかいていたようでベージュの七分袖にはブララインが浮かびつつあった。
そして、その後、背の高い草っ原の方へ消えていった。

「向こうも草を刈るのか!?
 結構な面積ありそうだけど今日中で終わるのかな?
 あれならエンジンの芝刈り機を使った方が
 早いんじゃないか?」
と思いながら胸チラとお尻の妄想劇を続けていると、

続きを読む "芝刈り中の若妻からの褒美 2"

芝刈り中の若妻からの褒美

2014.06.17.Tue.15:00
 とある夏の昼前の事。
その日は終始曇りで気温としては決して高くはなく陽も出ていないものの、南風のせいかとにかく蒸し暑かった。
私は朝イチで工業地帯内にある材料問屋に行きその帰り道であり持ち歩いていたタオルは材料問屋で大分汗を吸ったが、冷房を効かせた車内は快適空間そのものであった。

「時間がもう半端だし
 昼飯食べてから
 工場へ戻るか」
と思いながら工業地帯を抜け、国道へ出るまでの数kmは草っ原地帯と農業用の地帯が入り乱れであるのだが、その道を抜け国道へ合流する交差点の赤信号で待っているときであった。

 助手席側に見える少し先、と言っても100m位先であろうか?
小さい草っ原に10数名くらいに男女がいた。
みな、作業着やツナギを着ており、何やら話をしているらしく、その後、班長のような人が草を刈り始めた。

「会社での掃除なのかな?
 それとも町内の人とかな?
 でも小さい子もいるしな
 農家の家族なのかな?」
などと思いながら見ていると、各々が散らばり、カマで草を刈る者、ごみを拾う者などに別れ作業を始めた。
 作業をしている者らも長袖でこの蒸し暑さだからか、利き手で作業をしながらタオルで汗をぬぐっていたようであった。

続きを読む "芝刈り中の若妻からの褒美"

汗ばんだTシャツの若いお母さん 2

2014.06.16.Mon.15:00
 信号待ちの間、私は自転車に乗った若いおかあさんのばんだグレーの細身Tシャツやブラライン、首筋を見続けていると


   そのばんだTシャツ越しのブラジャー…

   脇の下部分のTシャツの変色の移り変わり…

   うなじ部分ので濡れた髪と首筋…

   ジーンズ表面は涼しい顔をしているが絶対にムレムレに間違いないパンティ内部…


 そんな事を考えていると、
交差点でチラッと見ただけの若いお母さんに加え、仕事中の真昼間だというのに私は


   あのばんだうなじや首筋や脇の下を舐めたい…

   もっとをかかせて透けブラを見たい…

   脇をかきまくったTシャツの脇部分を嗅ぎたい…

   汗と小便で臭いパンティをずりおろしおまんこへブチ込みたい…

   あの細身の身体を駅弁ファックしてやりたい…



 そんな妄想していたら、本当にこの若いおかあさんとセックスしたくなってしまい私はその後ろ姿で可能な限りの妄想をしていた。
 夏ならではの汗ばんだ女性ゆえの妄想なのかもしれないが、私自身こんな性癖もあるのかと思った瞬間でもあった。

 その後も青にならない信号を待っている私と若いおかあさんであったが、子供がお母さんに何やら話しかけていていた。
 私はその仕草を見て、やはり母親なんだなと思っているとやっと信号も青になり、車よりは先に自転車側が動き出したので、そろそろ見納めになるだろうしと前方を見つつ若いおかあさんの方も見ていると、何かを思い立ったかのように、自転車を反対に向け走らせていった。

 結局、顔こそ見る事は出来なかったが、その細身の身体には似つかわしくない巨乳だけは助手席側の再度ガラス越しに見えてしまい、揺らしながら自転車をこいでいった。

続きを読む "汗ばんだTシャツの若いお母さん 2"

汗ばんだTシャツの若いおかあさん

2014.06.15.Sun.15:00
 梅雨入りこそ宣言されていないものの、梅雨かと思えるくらい連日雨がシトシトと降り続けた、あくる日の事。
 その日は天気は今にも泣きそうな空で泣かずに午後に至ったものの、連日の雨であったのでお天道様は出ていなくてもありがたい貴重な天気であった。
午後イチで私は銀行へ来ていた。

「今のところ 久々に天気予報通りだな
 雨が降らないのはありがたいんだけど
 さすがにムシムシするな~」
銀行内は空調で涼しく、店内にいた行員のOLもきれいに着飾った奥様、近くの会社の事務員の女性らも涼しい顔で入金や出金手続き、窓口への相談などをしていた。
 暑がりでっかきな私も店内に入り10分も経つ頃には、ようやくが引いてきたが涼しいとは言い難かった。
そして、片時もタオルを手放さず、取引先などの入金など終えて銀行から出ようとしたところであった。

 そして蒸し暑い外へ出て駐車場から車で路上へ出ると、すぐの交差点のところで一時停止をし、安全確認をしていると助手席側後方から1台の自転車が来た。

 その自転車の主は若いおかあさんでいかにもなママチャリ仕様となっており後ろには子供を乗せていた。
おかあさんの外見は茶髪のロングでギリギリポニーテールに見えなくもないひっつめ髪、男女兼用のようなグレーのTシャツにジーンズまでは確認していると、その間にパパっと左右確認をし安全とわかるとおかあさんはそのまま横断歩道を渡って行ってしまった。

「今日は蒸し暑いからな~
 女性もオシャレをしたくても
 こんな暑さで小さい子供もいればな…
 シュシュの一つでもしてれば
頭の印象は大分変わるじゃないか?」
と、余計な事を先ほどの若いお母さんを見て思った。

続きを読む "汗ばんだTシャツの若いおかあさん"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。