色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
OL |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元旦早々 一晩中夜通しセックス?

2015.01.04.Sun.15:00


大晦日除夜の鐘を聞き年明けを感じつつ
その流れで妻と神社へ初詣でへ向かった

周囲を見渡せば…


ホットパンツに黒パンストの若さあふれるファッションの
女子高校生くらいの若いカップル

プリッとしたお尻とカラータイツやパンストにブーツで
きれいに着飾った女子大生くらい?の女子が数人

ニット帽をかぶり上着はしっかり厚手でも
その下は薄手のシャツでしゃがみこんだときには
つい見えてしまったブラチラの若い人妻とその家族…

ついさっきまで仕事をしていた?と思われる
コートの下にはリクルートスーツでこそないが
しっかり目のビジネスファッションのOLら数人
そしてラメ入りなのかパンストが上品に輝き
そしてブラチラしない程度にシャツのボタンは少し外しつつも
マフラーはざっくり目の巻き方であったので
鎖骨はチラチラと見えてしまった…


新年のお参りに来ているのにもかかわらず
そんな光景ばかりが視界に入ってしまい
当然頭から離れる事なく
煩悩を持ったままお参りが終わる

そして
公園を抜け駐車場へ向かう途中にある
公園のトイレで
妻がよこにいるにかかわらず
今年初の自慰行為を…

煩悩は白い精液と共に便器へ流したのだが
久々の人気の多い所へ来たからか
はたまた
見る女性全てがきれいに見えたのか

たちまち煩悩は下半身へ集中し
準備完了気味である…

そんなきれいな女性ばかりを見ていたからか
帰りの車中にて つい
「日の出までホテルで過ごそうか?」と
妻へ打診すると
一瞬ハッとしたようだが了承してくれた

帰り道の通りにあるホテル街は
正月のおかげなのか 
満室 が光っていたが

昔からしっている少し離れた
さびれたホテルは開いていたので
そこへチェックイン

始めこそ
妻へは優しく接していたが

先ほどの映像がどうにも目から離れず
ガンガンセックスへ…

先ほどの自慰行為で煩悩を出していなければ
もっと激しく求めていたかもしれないと思うと
自分に助けられた思いである

しかしさきほどのきれいな女性らの


パンスト脚線美のふくらはぎや太もも

思わず触りたくなるプリッとお尻

見えそうで見えない若妻の胸チラやブラチラ

ムネチラ対策があだとなったOLの鎖骨チラ


などが目が離れないからか
はたまた
久々にホテルでのセックスで興奮からなのか

数発では収まらず
一晩中とは言えないながらも
朝までセックスをしていた

気づいたころにはすっかり
日の出手前となり
お互いに下半身に
イヤラシイ臭いを充満させつつ
早々とホテルを後にする

そして
日の出のスポットへ到着すると
そこでも


ブーツとスカートから作られる絶対領域のパンスト美女や

今日も出勤であろうか?のリクルートスーツOL
マフラー下の胸は分かるほどのサイズであった

そんなおねえさんらを見ていると
またしてもやりたくなり

日の出を見て自宅へ帰ると
妻は即座に寝てしまった

疲れマラなのか?
それともまだ脳裏に焼き付いているのか?

脳裏に焼き付いたおねえさんや若妻と…

その後
私も一人で処理すると寝落ちしてしまったようで
起きたときには夕方であり
目をこすった手からは自慰行為を覚えたての臭いがした



新人の女優と比べれば衰えは感じるものの
今でも一級品の戦闘力を持つ吉沢明歩で抜いて下さい
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ご無沙汰してます

2014.12.16.Tue.18:35
振り返れば
今年ももう終わりが見えるこ
のクリスマス直前のこの時期

みなさま お元気でしょうか?

「お前の方こそ元気か?
 というツッコミはナシで
 行きましょう」

早いものですね
色々とあり
ブログの更新こそは
できませんでしたが

皆さんのところへは
しっかりと足跡は残させていただきました

そして その間
私も街行く女性の


夏の夕方にスーパーへ買い出しに来る
透けブラの人妻

ナチュラルパンストで闊歩する生保の外交員

公園で子供の相手で自分には気の回らない
胸チラ全開の近所の奥さん

たまに行く大きな駅では
柄入りのストッキングにフレアースカートなどで
綺麗に着飾った
奥さんや人妻

週末の夜のピークを過ぎた時間帯の
繁華街のファミレスにいる
香水を匂わす少々派手めで
下着のラインが見えるおねえさん

マフラーは巻いても冬なのに足元は
タイトスカートにパンストにヒールと
まだまだ夏のOL

これから披露宴に向かうおねえさんが
電車の車内でおにぎりを食べるのが
少しは恥ずかしかったのか
膝元が少しお留守でパンチラ気味であったり


とエロさは変わらず
様々な女性を見てました

多分
不定期更新になると思いますが
よろしければ
またお付き合いください



夏の電車でこんなにわきの下を解放したおねえさんを見ると
たまりませんでしたよ

パンスト・タイツに視界を占められて 下

2014.04.30.Wed.16:00
「パンスト・タイツに視界を占められて 上」はこちら

「パンスト・タイツに視界を占められて 中」はこちら




 パンスト脚線美のおねえさんタイツおねえさんを堪能しながら妻を待つ私だが、時間は間もなく30分経とうとしているのだが妻はまだ来ないようである。
 私は「それはそれでいいか」と思い、もう立ち読みするのも面倒くさくなり、目先の本棚を見ながらその先にいる2人のパンストタイツおねえさんをずっと見ていた。

 それから何分か経過しただろうか、2人のおねえさんが移動し始めたので、私も他コーナーへ移動するフリをして動こうとしたところ…

「キャッ!」と女性の声がした。
あろうことか、隣りに女性がいた事にも気づかずにぶつかってしまったらしい。
 申し訳ないなと思いつつも、またきれいなおねえさんパンストだったら間近で見れると脳裏によぎる。私は
「ごめんなさい!」
と謝ると、そこにいたのは妻であった。

「あれ!? いつ来たの?」と私が聞くと

「5~10分くらい前かな
 いつ気づくかな~?て隣で待ってたけど
 意外と気づかないものね?」と妻が言うので私は

 ちょっとあたふたした私は
「それなら、言ってくれればいいのに」と言おうとしたところ

「探してる本は見つかったの?
 さっきから見てると、探してるようだけど上の空っぽいし、
 車雑誌を探してるの?ファッション雑誌?まさかエロ本じゃないわよね?」
と妻が被せてきた。

「!?
 いやいや、大丈夫!どうやらないみたいだしさ」
と適当にあしらった。どうやらパンストをガン見していたことバレていなかったようでホッとした。
それにしても、エロ本コーナーが近くになくてよかったと思った…。

「どんな感じの雑誌?
 私も一緒に探そうか?」と妻が言うので

「大丈夫 大丈夫!
探し回ったけどないみたい、それに本のタイトルが分からないから聞くに聞けないんだよね
さっ いっ 行こう!」
と、私は足早に本屋さんの外へ出ようとしたところ妻が
「私も見たい本があるの」と言うので

続きを読む "パンスト・タイツに視界を占められて 下"

パンストでの絶対領域…

2014.03.08.Sat.21:25
 ある冬の日曜日、黄昏が終わり夜に突入する頃、私は東京港区にある某展示場でのイベント準備の仕事のため出勤した。
 都合により電車での出勤のため、最寄りの駅より電車に乗ったのだが、休日の上り電車のためかカップルやシングルの女性が少々と空席の方が多かった。

 乗って最初のターミナル駅に着くと、乗降客が入れ替わる。私は電車に揺られながら雑誌を読んでいたが、一息つくがてら前の席を見るとスマホを片手に操作しているOLが座っていた。OLは茶髪のロングで、服装はスカートにパンストブーツ、マフラーを巻いてコートを着ていた。
 それからは少し車窓から風景を見ながら、そのOLパンストを見ていた。
「(日)だけど、通勤帰りの販売員のおねえさんかな?」とか思いながら、そのOLを見ながらパンストを見つつ風景を眺めていたら、そのおねえさんも見られたことに気付いたのか私の方を見た。私はそのまま、思わずおねえさんの目を見ていると、おねえさんはまたスマホを触り始め、脚を組み始めた。
 スカートは膝丈くらいだろうか。組んだ脚とブーツとの兼ね合いで膝の頂点周囲での
絶対領域ができていた。
 私はおねえさんのスマホをいじっている指の仕草を見ているように見せてパンストを、スカートから生える組んだ脚のパンストを見ていた。

 その後、私は一眠りしていて、起きると東京の品川区に入っていたようだ。そして周囲を見渡すと乗客はさらに減っていたようだが、前に座っていたパンストおねえさんもまだ乗っていた。
 「毎日、1時間半以上の電車通勤か、大変だな」と、私は余計な心配をしながら、少しずり上がったスカートから生えるパンストを見ながら思っていた。
 ここまで来ると、降車駅まで十数分だったので、起きたまま電車内を見ていたのだが、前に座るおねえさんも周囲を見ながらもスマホをいじっていた。
 おねえさんは脚を直したり、組みなおしたりとパンストは様々な表情を変える。私のパンストタイムもあと数分かと見学しているうちに降車駅到着のアナウンスが。
 私も最後のパンストを別れ惜しむように降りる準備をしていた。そして、ドア前に移動しようとしたところ、目の前のおねえさんも動き始めた。
 私はドアの前でドアに映るおねえさんを見ていた。そして、私の背後に立ち停車を待っていたようだ。最後に私は下を見る振りをしながら、視界に入るパンストを目に焼き付けて電車は停車した。

 その後、電車を降りた私は出口が分からなかったので周囲を見渡すと、出口への看板を発見。対しておねえさんはいつも使う駅なのだろう、迷うことなく出口の方へ向かう。
 その間、距離にして5mくらいだろうか。私はそのくらいの距離を保ちながら、おねえさんのスカートとブーツの間から見えるパンストを眺めがら出口へ向かう。
 ホームが地下なのでエスカレーターで地上へ向かうのだが、その時、先にエスカレーターに乗っているおねえさんのお尻から膝上が丁度視界に入る高さに乗る。その時に目に入るパンストと尻の具合といったらもうたまらない…




   パンスト越しに肉棒をいじめてもらいたい…
   そのままスカートの中に手を入れてパンスト越しに下着をまさぐりたい…
   このエスカレーターのまま、パンストを破ってそのまま手マンしてやりたい…
 



 そして私は改札を通り地上へ、おねえさんは別の方向へ向かっていった。私のエスカレーター妄想は終わった。
某展示場へ向かう道中、サラリーマンやパンスト、スカートを身に着けているOLやおねえさんが駅へ向かっていた。

 さすがに終始とまではいかないが、パンストを直視できた、いい時間であった。
スカート・パンスト・ブーツの組み合わせは冬ならではである。
次の日の昼間、帰宅後、私はパンストプレイのサイトで肉棒にもう一仕事をさせた…


 
昼間帰宅後、カーテンを閉めて1本目はOLパンストもので自慰行為に…




パンストを破っての挿入は見てるだけでも興奮する…
http://www2.sbs-ad.com/track/traffic.php?c=42663-1-159&u=http%3A%2F%2Fwww.jade-net-home.com%2Finfo.php%3Fprd%3D23834

http://www2.sbs-ad.com/track/traffic.php?c=42663-1-159&u=http%3A%2F%2Fwww.jade-net-home.com%2Finfo.php%3Fprd%3D23831



最後はバニーパンストに搾り取られた…







FC2Blog Ranking



アダルトブログランキングへ
応援よろしくお願い致します!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。