色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
女性 |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両隣の女性の脚 2

2014.06.20.Fri.15:00
 私はコンビニで暖を取るつもりで入ったが通りに合った雑誌コーナーを見ると気になる雑誌があった事を思い出し、立ち読みをしていた。
 そして私の隣ではムートンブーツと黒いタイツとデニムスカートの女性が立ち読みしており、私と黒タイツまでの距離は50㎝程で触ろうと思えば触れる距離であった。


   触ろうと思えば…

   触る気さえあれば…

   本気でその気があれば…

   思考回路が壊れていれば…



 しかし、私には犯罪者になる勇気はないのでいつも妄想どまりである。
だからこそ、私は雑誌を立ち読みしていたのにもかかわらず、いつの間にやら目線は黒タイツにくぎ付けになりつつあった。
 いや、くぎ付けであった。
そして、雑誌そっちのけで視線はムートンブーツと黒タイツへ…


   手を伸ばせば届きそうな1日履かれた黒タイツを触りたい…

   寒さから足を守ってくれた履いたままの黒タイツに頬ずりしたい…

   ブーツに隠れているくるぶし、足の裏、つま先部分のタイツを見たい…

   触って撫でて嗅ぎたい…

   デニムスカートをまくってタイツ下のパンティを見たい…

   タイツ少しおろしてパンティ直下の太ももの内側をさわさわしたい…



 などと妄想していると、いつの間にか逆隣りにはOLのおねえさんがいて漫画単行本の前に立っていたようである。
私は本棚を物色しつつもOLの足元に目を落としていた。

 そのOLは革のブーツに黒パンスト、スカートスーツらしかったが、そんな事より私はいつの間にか目の前の書棚がギリギリエロ本コーナーになっており、そんなギリギリの位置で立ち読みしていると思うとOLに

「この変態がっ‼‼
 こんな時間に堂々とそこに立ってるんじゃないわよ!」
と思われていると思うと、恥ずかしいと思いながらも

「あぁ 俺は変態だよ
 アンタを恥ずかしい目にあわせてやろうか?
 どんなにきれいに着飾ったって スカートをまくり上げて
 パンスト大解放の状態ならアンタも恥ずかしいだろ?
 でも俺はそんな格好をしたパンストの女を触るのが大好きなんだよ
 そんなパンスト越しに色々な事をしちまうんだよ
 変態だからな」
続きを読む "両隣の女性の脚 2"
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

両隣の女性の脚

2014.06.19.Thu.15:00
 寒さから解放されたと思える頃のある春の事。
ようやく過ごしやすい季節になったと思ったら、ここ数日は一気に暑くこのまま夏っぽくなっていき、そのまま夏になるのかと恐れさえ抱いたある日。

「今日はこれまでの暑さが嘘のように
 日中も関係なく時間が経つにつれ
 徐々に寒くなるでしょう
 お帰りの際は雨の降るところもあるので
 傘は持って行った方が安全です
 5月も下旬になりますが 
 春初めの寒さに戻るでしょう」

と今朝、お天気おねえさんが言っていた。
そんなお天気おねえさんも最近の服装とは打って変わって上着を着ており足にはタイツとブーツを履いていた。

「本当に天気予報通りだよ
 日中は徐々に気温が下がってきたし
 救いは雨が片付け後に降ってきたことだな」
夜になると私は仕事帰りの車の中で、本降りの雨を見ながらそう思っていた。

 そして、ここ数日は日中こそはうなだれる暑さであったが朝晩の通勤時は気候も良く冷房・暖房いらずであったが、帰る頃にはさらに気温が下がったようでさすがにヒーターをつけたほどであった。

 暑がり私だが、念の為、薄手の上着を1枚は持ち歩いておいた。
もっとも冬物はもう仕舞ってしまい、すぐには出せないので薄手の上着で対処するしかないのだが、実際に羽織ってみると、正直なところないよりはマシかなと思う程度であった。
 さすがにちょっと寒かったので帰り道にいつも通るコンビニへ暖かいものでも買おうと寄り道したのである。



 
続きを読む "両隣の女性の脚"

危険なビデオ鑑賞 4

2014.05.19.Mon.14:00
「危険なビデオ鑑賞 1」はこちら

「危険なビデオ鑑賞 2」はこちら

「危険なビデオ鑑賞 3」はこちら



 私はそのビッグスクーターのスーツ・パンストOL風のタンデムライダーを見ていた。
私とそのタンデムライダーとの距離は50㎝弱ほどであろうか。
「あんな服装じゃ危ないな~」と思いながらも私はそのOLらしきパンストスーツのおねえさんを見ていると

黒いパンストが夕焼けで照らされいい色合い・艶に仕上がり、膝の屈折で更に濃淡差に神がかったものを感じさせ、そして姿勢的にスカートが程よくまくれ、太ももの露出具合までと全てが高次元で共存していた。

 私はそのスカートパンストと夕日で造られた脚線美に魅了され目がそらせなかった…
 そして、私は声・妄想・視覚からの刺激で下半身はもう限界に達しており、肉棒の先端からヌルッとしたものが出ていてもおかしくない状況でもあった。

 射精感がもう限界とはいえ、良識のある大人としてはどうにかこうにか我慢しつつも、帰り道に通る近所の大型の古本屋へ着き、辺りは既に暗くなっていた。
 と同時に、カーデッキで再生していた女教師と男子生徒のセックスのフィニッシュが終わったようで、女優の声が演技とは言え1オクターブ高く、駐車場について油断した私もイキかけた…
続きを読む "危険なビデオ鑑賞 4"

危険なビデオ鑑賞 3

2014.05.18.Sun.14:00
「危険なビデオ鑑賞 1」はこちら 

「危険なビデオ鑑賞 2」はこちら



 私はアダルトDVDの音声のみを聞きながらも映像・音声の普通の鑑賞とは違う興奮を感じながら車を自宅へ走らせた。
 日曜日の夕方だからか、買い物する車や早い夕飯組の車、そして出かけて帰ってくる車などで平日とはまた違った混み具合である。
 そして車が信号待ちや徐行ほどの速度になればなるほど


   買い物袋を助手席にたくさん載せた四十路前後のきれいな奥さん

   デート途中と思われるカップルで助手席でちょっとすまし顔のおねえさん

   複数カップルの車内で楽しく過ごす若い男女…

   帰社途中の営業車内には若い男性運転し若いおねえさんと責任者らしき女性上司…

   ツーリング帰りの長い髪をなびかせる女性タンデムライダー…




 などが視界に入る。
 特別いつも見る光景と何も変わらないのだが、アダルトDVDを再生しているというだけで、車に乗っていても歩いても見るいつもとなんら変わらない光景が

   
続きを読む "危険なビデオ鑑賞 3"

危険なビデオ鑑賞 2

2014.05.17.Sat.14:00
「危険なビデオ鑑賞 1」はこちら



 私は週末のにぎやかなハンバーガーショップで遅すぎる昼食をとりながら、友人にもらったアダルトDVDを見て思い出した事があった。
 それは


   思春期の頃からやってみたいと思った事があった…

   車でビデオが見れる環境になったらいつかやってみたいと思っていた…



 それは、車の中でアダルトDVDを観る事。

 それを思い出した途端、掃除機のごとく食べ終わり急いで車に戻った。
そしてすぐさまアダルトDVDをカーデッキにセットし再生開始!……

 するのだが、改めて周囲を見渡せば、駐車場で車から乗り降りする人、食べ終わって帰ろうとしている高校生ら、休憩の入れ替わりのハンバーガショップ店員などがいた。
 特に悪い事をしているわけでもなく、車の駐車している位置的に問題はないのだが、それでも「のぞかれたら!?」と思うとドキドキしてしまった。

 しかし、そんなドキドキよりは思春期からの試してみたかった行為の方が勝り、私はアダルトDVDを再生し続けた。
アダルトDVDは古いものであったし、画像もなぜか荒い、モザイクも今から見ればあり得ないくらい大きい。それでも、いつもと違う場所でと思うと興奮を抑えているつもりなのだが、心のどこかで長年の想いを試していると思うと中々おさまらないらしい。



 アダルトDVDの内容としては―――

続きを読む "危険なビデオ鑑賞 2"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。