色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
フェラチオ |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンストとパンチラ 下

2014.05.06.Tue.12:00
「パンストとパンチラ 上」はこちらから



 コンビニの敷地内に入った私だがさすが連休中、正規の駐車場が埋まっていた。
私は縁石で通り抜けには邪魔にならない交差点近くの傍に停めた。

 混んだレジで買い物を済ませ車内に戻りコーヒーを飲みながらパンをかじっていると、道路を挟んで向こうの歩道におねえさんがいたのだが、何か違和感を感じよくよく見ると…
 車中でコーヒーを飲んでいた私は飲みかけをこぼすほどの、にわか信じがたい光景が目の前に広がっていた。
 

   パンチラおねえさんならぬ、パンもろおねえさんがいた。

 私は一瞬とは言え、戸惑いつつも「あれはなんだ?」という感じで見ていた。
きっと誰も見ていないと油断をしたのだろう。
そして、ありがたい事に私とおねえさんの間の道は交通量が多い道ではないらしく、おねえさんを遮るものは何もなかった。

 そのおねえさん女子大生くらいであろうか。
髪はセミロングぐらいでカチューシャをして、白のフレアスカートにボーダーの半袖、素足で短めの靴下とスニーカーを履いていたようであった。

 太ももの間に見える膨らんだところには明らかに水色の下着が…
見えた…
見えていた…
見続けられる状況であった…
見続けられるこの道路に感謝をしてしまうくらいであった……

 その女子大生のおねえさんは地面に置いたクリップボード上でメモを取っていたのだろう、下半身が油断気味のおねえさんはスカートの中身を大気解放、私限定のサービスショットであった。
 パンスト好きな私としてはパンスト越しのパンチラが大好きであるが、たまには匂いの漂っていそうな生足でのパンチラもいいと思いながら、生足のパンチラを見つづけていると
続きを読む "パンストとパンチラ 下"
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

パンストとパンチラ 上

2014.05.05.Mon.12:00
 とある年のゴールデンウィーク、週間天気予報では夏日になるとの予報。
これだけ暑いとタイツは当然としてパンストすら拝めない日もあったが、暑くなれば、女性の薄着が増えるので、それはそれで別の楽しみもあるかと思いつつも私は車で仕事へ向かう。

 世間は社会人が学生らにも負けない休暇を謳歌できるゴールデンウィーク。
不定休の私には関係ないが、土日祝などの通勤時は道が空くので好きなのである。

いつも走っている道を鼻歌を歌いながら車を運転していると


   コンビニに立ち寄るレジャーに出かけるファミリー
 
   マックで彼氏とドライブスルー中のおねえさん

   駅のホームで旅行に行くのであろうきれいなおねえさん同士

   対向の信号待ちでツーリングと思われる髪の長い素敵な女性ライダーたち



 などのゴールデンウィークを確実に謳歌するであろう方々を横目に私は職場へ車で走る。
 正直、楽しそうでうらやましいなと思いつつも、みんなと同じ日に休んでも混むからなと思いながらラジオをお供に走り続けた。



 祝日で道が空いているおかげで職場まで早く着きすぎてしまいそうだったので、私は職場近くになるコンビニで休憩しようと駐車場へ入る時であった。

 あと数メートルで駐車場へ着くところ、対向車線からコンビニへ入ろうとする車がいた。バックミラーを見ると後ろには車がいなかったので対向車へ合図し、先に駐車場へ入るように促した。
 その対向にいた車の運転手は長い黒髪を下したままでメガネおねえさんでブラウスにスーツを着ていた。
私と同じように仕事なのかもしれないなと思いつつ、メガネにキュンとしながら


  メガネをかけさせたままフェラチオをさせて、ぶっかけてやりたい…


 と、ちょっと思ってしまった。

 そしてラッキーな出来事があった。
いや、何も期待せずにいたのと、自分が変態であるからこそ引き寄せた幸運かもしれない。


  
続きを読む "パンストとパンチラ 上"

セフレにしそこなったバスガイド 2

2014.04.14.Mon.22:29
セフレにしそこなったバスガイド 1話
http://blackgalaxy996.blog.fc2.com/blog-entry-51.html



 「女性の部屋」と意識すればするほどドキドキする。
そんな気分だからかテレビを見ててもおちつかず、酒を飲み始めてようやくどうにか少しづつだが気分も落ち着き始めた。しかし、急に酒を入れすぎたせいか目の前がグラ~ッとした。
 改めて部屋の中を見渡して、女性の部屋だなと思っているとなんとなくいやらしい気分になってきた。酒のせいか、おねえさんのせいか、身体も心なしか暖まってきた…

 すぐ、横にはバスガイドおねえさんがいるんだなと思うと、興奮してくる。
そして、フレアスカートから伸びるパンスト、そして足の甲まで見えるパンストが私を誘う…
 多少、自制心が緩んでいたので、思わず、おねえさんパンストを「さわさわ」と触り、そのまま、太ももの方まで行こうとすると「彼女に怒られるよ!?」と一蹴され、私も意気消沈…
 しかし、この距離で昼間はバスガイドをしているおねえさん、そしてパンストが目と鼻の先にあると考えるとガマンするのが無理である。
 少々酔っぱらっていた私はこれくらいでは懲りずに何度かパンストを触った。
おねえさんも冗談ぽくおこるようだが、まんざらでもなさそうであった。
そして、気づいたらなだれ込むようにセックスしていたようであった。
私も酔っぱらっていてあまり覚えていなかったが、しかし、壁にかかっているバスガイド制服を見てバスガイドセックスしていると思うと、やめるにやめられなかった…

 そして、2人ともそのまま眠り、朝起きて周囲を見渡すと、衣服が散乱しており、衣類をたたんでいると脱がしたパンストの下着と触れる部分が破れていた…
その股の部分の敗れたパンストと眠るおねえさんの顔を見ていると、眠ったままのおねえさんに


   肉棒を咥えさせて射精したい…

   そのまま挿入して中出ししてやりたい…

   バスガイドの制服を着させてレイプしてやりたい…

   脇で挟んだ肉棒をしごき顔射してやりたい…



 などと思いつつも、堪えて帰った。

 その日の昼下がり、おねえさんからメールが来て「昨日は無理を聞いてくれてありがとう。ごめんね。また遊んでくれるかな?」と来ていたので「いいですよ。パンストに関してはごめんなさい」とだけ返事しておいた。
 昨晩の事を思い出しているととんでもない事をしてしまった。と改めて思い出した。
3人とも互いに連絡先を知っているのだから、いずれ彼女にばれるかもしれない…
バスガイドのおねえさんとセックス後、1週間位は「彼女にばらされたらどうしよう」という精神状態であったが、それからは「ばれたらばれたでしょうがない」
結果はどうあれ、俺がやったことは事実だと腹に据えたら、なんとなく肝が座った。

 それからも、おねえさんからはいつも通りメールが来るが変わったのは「今度、いつ会う?」的なメールが増えた。
私は個人的にはすごく会いたいが、バスガイドのおねえさんにやましい事をしない自信がなかったので、どうにか断り続けた。

 会ったら、今度は制服プレイをお願いしてしまうかもしれない…

つづく…






バスガイドの制服を着たままのプレイをしたかった…




バスガイドのおねえさんと運転手が話していると、こんなことをしていると妄想していた…






FC2Blog Ranking






アダルト村ランキング


エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願い致します!














妻と花見と… 2

2014.04.08.Tue.14:38
と花見と… 1話はこちら
http://blackgalaxy996.blog.fc2.com/blog-category-18.html





 私とはさらに暗がりに行き、周囲を確認し人がいない事を確認すると、私は肉棒を出しが咥える…
辺りは真っ暗だ、風に舞う桜の音以外には「ジュポッ、ジュポッ」とフェラチオをする音しか聞こえない。


   星や桜などの自然を見ながらのフェラチオ

   冷気が下半身に当たり、尻に力が入り肉棒もいきり勃つ…

   人気はないとはいえ、通りすがりの誰かに見られるかも…



 と考えると、ある意味興奮ものである…

 いつものベッド上の家屋に守られた安全なフェラチオとは違い、少し強めのフェラチオであった。私もの頭を両手でグッと押さえながら咥えさせたまま、口の中へ発射した。
 久々の射精で精液も「ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ」と出た。というよりはあえて、の口の中へ出した。この星空などの自然の中で射精してやりたかった。
 妻もこのタイミングで出すとは思っていなかったようで、油断と精液の多さに口からあふれ出て顎から垂れていた…
 
 射精するたびに尿道口を舐められ、腰が引ける思いをしながらも最後まで出し切ると、妻は出された精子を、口から地面へ出した。

 妻は「口の中には出さない約束でしょ!?」と声を押し殺しながらも少し怒っていた。私も「ごめん、久々でガマンできなくて、つい…」
「もうっ~!」と妻は眉間にしわを寄せ怒りながらも
「帰ったら、ちゃんとしてもらうからね!明日はどうせ雨だろうし!」と妻からセックスを誘ってきた。
 私は「なら、このままここでセックスするか」と提案。いつか外でセックスしたいと思っており、いつもコンドームを持ち歩いていたのである。
 さすがにこれには妻も驚いたようだが、酔いも手伝って渋々だが提案に乗ってくれた。

 私がまた肉棒を妻に向けると即座に加えフェラチオを始めた。さすがに思春期のようにすぐには勃起しないがそれでも、妻のフェラチオは私の好みのようで次第にムクムクしてきた。

 フェラを一時中断し、互いに唇をむさぼり合う。
私の肉棒は普段は風を感じないところに冷気を感じながらビクンビクンとする。外ならではである。
そして、妻のスカートの中に手を入れ、パンストの上から下着を触ると湿気を帯びていた…
私は続けてパンストを少しおろし下着の脇から指を入れ蜜壺を指で開くと、中は既に「ニュチョッ」と音がする…
 妻の蜜壺は準備万端のようなので、再度私の肉棒をフェラチオしてもらう。
 そして、コンドームをつけて、妻は壁に手を付けて、立ちバックの姿勢でセックスをする。
暗くて見えないが、パンストをずり下して、下着をずらしたまま肉棒を挿入していると思うと、半ばレイプのようで興奮する…
 いつもは声を出す妻だが、外だからか、口に手を当てて耐えていた。それでも少し声が漏れているのを聞くと、私も更に興奮し、声を出させてやりたいと、激しくピストンする。

 緩急をつけながらも激しく打ち付け「あっ、あっ」と声が出ると、この声をいつまでも聞き続けたいと、さらに打ち付けるのだが、私の射精感も高まってくるので、ゆっくりと、妻の漏れ出る声を聞きながらセックスを堪能する。
 そして射精の限界も見えてきたころ、私は妻の蜜壺にガンガンに打ち付け、ガマンできずにいる声を聞きながら射精した…
 
 さすがに先ほど射精したばかりなので量はそれほど出なかった。それでも余韻に浸りたい私は蜜壺から肉棒は出さずにゆっくり動かしながらそのまま余韻を楽しんだ。
 
 セックスが終わり各自の陰部をポケットティッシュで軽くふき、ごみと一緒にコンドームなどをまとめた。

 セックス最中には気づかなかったが、いつの間にか雨が強くなっていたようであった。ほろ酔いに加え、木の下だからあまりわからなかったようで、結構濡れていたようだ。
そして、帰る準備をして、帰路に着いたのであった…

 公園と自宅は歩いて5分くらいなのに、家に着くころには雨がすっかり本降りになってきた、花見をしておいてよかったと思いながら、酔いも手伝い、着替えてすぐに寝たのであった。

 そして次の日、太陽がしっかりと出て最後の花火日和であった。
しかし、午後から雨で場所によっては雪であったという。
私と妻は昨晩の雨に大分濡れていたようで風邪を引き、一日寝ていたのであった…


   暗闇の中でのフェラチオ、そしてセックスは癖になる…

   また、こんなシチュエーションでしてほしい…



風邪で寝込んでても頭でそんな事ばかりを考えていた…








今度は旅先の公園でも…






FC2Blog Ranking






アダルト村ランキング


エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願い致します!

妻と花見と…

2014.04.08.Tue.11:15
 寒さも終わりを告げ、桜も満開のとある日。
しかし、この時期はまだまだ寒の戻りもあったり、雪が降ったりと中々油断できない。
そして、その年の春もそうであった…

 次の休みに妻と都内に出かけるがてら花見でもと計画していたのだが、数日前から花見決行日の前日からは悪天予報が出た。そして花見前日、仕事からの帰り道にはポツポツと雨が降ってきた…
 しかし、家に帰った頃には一旦止んだようだが、明日花見ができない事も考慮し、酒とつまみを片手に歩いて5分ほどのところにある近所の公園に妻と桜を見に行った。
 この桜のある公園、360度見渡すほどの桜ではないが、視界を埋めるくらいの桜はあり、ここ数年は来ている。
 
 昼間は子供たちが遊んでたり、野球をしているようで、いつもにぎやかな声が聞こえてくるのだ。
公園といっても遊具もない小さい公園で電灯も1つ申し訳程度にあるくらいだ。
私と妻は桜から少し離れたところにあるベンチから桜を見ながら酒を片手につまみをつまむ。
 春とはいえ夜は寒く、身体にアルコールを入れる度に暖まってくる。そして、次第に雨がポツポツと降ってくるが先ほどよりはまだ弱く、念のためにと持ってきた傘に当たる雨音を聞きながら花見を続行。

 寒さもあったのだろう、花見中はベンチにシートを敷いて、ひざ掛けをかけながら2人で寄り添って見ていた。私はひざ掛けの下に手を忍ばせ、妻のパンストをまさぐる…
 そして、スカートの中へと…
と、手を忍ばせたかったのだが、そこはうまくスルーされた。
それにしても、ここまで密着するのはセックスするときくらいの距離感だろうか。

 チューハイを3缶ほどに突入したころだろうか、私も妻も日中の仕事の疲れからか
ほろ酔い気味であった。
雨は少し強くなっていたようだが、傘をさしていたし、ほろ酔いであったのでさして気にならなかったようだ。
 そして、つまみも終わりチューハイも底をつき。ほろ酔い気分で雨音を聞きながら桜を見ていると、弱々しい電灯に照らされている桜を見ていると、その艶やかな桜がなんと色っぽい事か…

 私はその艶やかな桜に誘われるように、桜のすぐそばまで行き改めて見る。遅れて妻もやってくる。
そんな妻に触れながらの艶やかな桜を見ていると、


   誰もいなく暗いこの公園で、妻と無性にセックスをしたくなってきた…

   パンストを破ってバックからブチ込んでやりたい…


 無論、妻はそういう変態に部類される行為は好きではない。あくまで常識的なセックスが好きなのだ。
 私もそれはわかっている。わかっているのだが、そんな変態的な事をしてみたい。

 アルコールでほろ酔いも手伝って、欲望も解放したい。 


   誰もいないこの暗がりの公園で桜と星空をバックに妻とセックスをしたい…


 もちろん妻には断られた。
しかし、この公園で花見をするようになって3年。
それにこのまだ寒く人気のない公園で花見の時期にしかできない。
そう考えると、私もそう簡単には折れる事も出来ず、色々と言って懇願する。

「…じゃあ、しゃぶるだけならいいよ」と、妻がフェラチオだけならと許可してくれた。
多分、アルコールで少し思考がゆるくなっていたのかもしれないが、外では絶対にやりたがらなかった妻の言動は私にはありがたかった…
つづく…



 

公園でも夜になればプレイスポットに…




FC2Blog Ranking






アダルト村ランキング


エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願い致します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。