色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
ナチュスト |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンスト女性オンパレード 2

2014.04.10.Thu.20:38
 その降りた女子大生のすぐ後ろにはナチュストOLがいた。
ただ、後ろ姿しか見れなかったのでわからなかったが、黒のセミロングヘアー、ベージュトレンチコート、それに時折コートの裾から見えるグレーのスカートそしてナチュラルストッキングに黒パンプスに黒カバンであった。
 
 保険の外交員か何かであろうか。
吊革を持つ手のコートの袖からもグレーのスーツが見えシャツの袖口も少し見えた。
もう片手には書類のようなものが見えた。
電車の揺れに耐えながらも書類を見るそのOL
 揺れに対してバランスを取るために両足を少し開きながらもパンスト越しのふくらはぎの躍動、そして広げた足のふくらはぎと足首の対比がたまらない。
あのパンストの足と広げた足を見ていると肉棒が沸々としてくる感じがあった…


   あのパンストの下の下着をまくってやりたい…

   パンストに肉棒をこすりつけて、ぶっかけてやりたい…

   パンストを履いた足の指で弄られたい…



 弄られて勃起した肉棒をスカートをまくってパンストを破り割いて広げている足の間からブチ込んでやりたい…


 と、そんな事を妄想しながら見ていると、そのOLは次の駅で降りて行ってしまった。
気付いたら、いつの間にか私も降りる予定の駅であった。
しかし、私はそんな妄想直後に立ったので下半身がこんもりしていたので少し前のめりになりながらも冷静かつ急いで何とか降りた。

 そして上りのエスカレーターに乗り、肉棒を落ち着かそうと心の中で深呼吸しようとしたら、今度はちょうど目の前に黒ストのおねえさんがいた。
 黒ストに目を奪われたので全体像はわからなかった。

 それでも、先ほどのナチュストOLで妄想していたからか、女子大生黒ストを見ていたからか、脳内はまさにパンストで埋め尽くされていたためヤリたくなってしょうがなくなってきた。その間、1分強くらいであろうか。
 幸せと残酷をいっぺんに味わった1分強でもあった。

 そして、エスカレーターから降りると、その黒ストのおねえさんは別の方向へ行ってしまった。
 私は下半身の具合と相談しながら友人との落合場所へ向かった。そして、無事に到着した事を連絡すると、あと15分ほどかかるというので、沸々としたまま収まりが悪い下半身の肉棒を3人の女性のパンストでの妄想セックスでスッキリさせて待った。

 しかし、都内は女性も多く、当然のようにパンスト女性も多かった。
結局、友人は30分ほど遅れ、その間にもパンストの誘惑が多く、私の下半身はまた悶々とし始めたのであった…

 黒ストナチュストに見とれてしまった春の昼下がりの電車内であった…

おしまい






続きを読む "パンスト女性オンパレード 2"
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

パンスト女性オンパレード

2014.04.10.Thu.17:47
 春風が舞い、桜も散り間際の4月も中旬に入る頃…
世の女性も寒さを防ぐ装いから切り替わり、タイツ着用の女性も日中の暖かい日にはパンスト着用率も増えてきた。


   小学校の入学式で華やかに装う若い母親のナチュラルパンスト

   リクルートスーツをしっかり着る1年目のOLのナチュラルパンスト



 若い母親も1年目のOL女性の足は薄手のパンスト、パンプスに切り替りかわり足元はすっかり春である。

 パンスト好きにはたまらない光景だ。
しかし…
式典などの都合などでそうなるのだろうが、ナチュストことナチュラルストッキングが多い…

 それでも、ナチュストは遠目で見る分には足がきれいに見えるので好きでもある。
黒ストとは別の魅力である。
とくに着飾ったお母さん方の足にはナチュストはよく似合う。
幼少時、叔母の足や友達のきれいなおかあさんの足を見てはなんだか落ち着かなかった気分を思い出す。

 と、そんな事を思いながら車を運転していると駅前の駐車場へ着き車を停める。
というのも私は友人と都内で待ち合わせの約束をしていたので地元の駅へ向かっていたのである。
そして、駅へ向かい途中でもパンストOLなどとすれ違いながらホームへ入り、電車で都内へ向かった平日の昼時であった…

 入線した電車に乗ると始業式や部活の帰りなのか女子校生が多かった。
私は、空いている席に座り、スマホで少し作業して一段落した頃にはいつの間にか多くの乗客がのっていた。

 そこからは、電車の中からの風景を見ながらボーっと過ごしていると、私の視界の左前方に女子大生くらいの娘が入った。
 少し茶髪のロングヘアー、薄手のグレーのスウェットパーカーにミニ黒スカートと気持ち厚めの黒のパンスト、そして黒のモコモコのブーツであったそしてキャラクターもののトートバッグ。
この季節、日中は暑くても夜は冷え込む。ファッションの具合も難しいかもしれない。
 しかし、車内の女性はパンツルックが多い中、気持ち厚手のパンストであっても私自身は車内での楽しみが増えたので風景を見つつ


   黒ストの濃淡の変化…

   触りたくなるほどの魔力…

   そこに光沢のあるヒールやパンプスを武装されたときの破壊力…



 目を背けるのも一苦労などと、思いながらパンストの透け感も含め堪能していた。
ただ、残念だったのは、ルックスが好みではなかった。加えて抑え目に表現しても少しぽっちゃりであったのが更に残念であった。

 そして、その女子大生が電車を降りパンストタイムが終わって、また風景でも見ていようかと思っていると…

つづく…
続きを読む "パンスト女性オンパレード "
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。