色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
*注意*
こちらはアダルトブログとなります。 気分を害す恐れもありますので、苦手は方はここで読むのをおやめください。

 色事 ~男はいくつになっても女性が好き~
この若妻とは深い思い出がある
人妻でなければ… 奪い去りたかった…


i2iアクセス解析
タイツ |  色事  ~男はいくつになっても女性が好き~
FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元旦早々 一晩中夜通しセックス?

2015.01.04.Sun.15:00


大晦日除夜の鐘を聞き年明けを感じつつ
その流れで妻と神社へ初詣でへ向かった

周囲を見渡せば…


ホットパンツに黒パンストの若さあふれるファッションの
女子高校生くらいの若いカップル

プリッとしたお尻とカラータイツやパンストにブーツで
きれいに着飾った女子大生くらい?の女子が数人

ニット帽をかぶり上着はしっかり厚手でも
その下は薄手のシャツでしゃがみこんだときには
つい見えてしまったブラチラの若い人妻とその家族…

ついさっきまで仕事をしていた?と思われる
コートの下にはリクルートスーツでこそないが
しっかり目のビジネスファッションのOLら数人
そしてラメ入りなのかパンストが上品に輝き
そしてブラチラしない程度にシャツのボタンは少し外しつつも
マフラーはざっくり目の巻き方であったので
鎖骨はチラチラと見えてしまった…


新年のお参りに来ているのにもかかわらず
そんな光景ばかりが視界に入ってしまい
当然頭から離れる事なく
煩悩を持ったままお参りが終わる

そして
公園を抜け駐車場へ向かう途中にある
公園のトイレで
妻がよこにいるにかかわらず
今年初の自慰行為を…

煩悩は白い精液と共に便器へ流したのだが
久々の人気の多い所へ来たからか
はたまた
見る女性全てがきれいに見えたのか

たちまち煩悩は下半身へ集中し
準備完了気味である…

そんなきれいな女性ばかりを見ていたからか
帰りの車中にて つい
「日の出までホテルで過ごそうか?」と
妻へ打診すると
一瞬ハッとしたようだが了承してくれた

帰り道の通りにあるホテル街は
正月のおかげなのか 
満室 が光っていたが

昔からしっている少し離れた
さびれたホテルは開いていたので
そこへチェックイン

始めこそ
妻へは優しく接していたが

先ほどの映像がどうにも目から離れず
ガンガンセックスへ…

先ほどの自慰行為で煩悩を出していなければ
もっと激しく求めていたかもしれないと思うと
自分に助けられた思いである

しかしさきほどのきれいな女性らの


パンスト脚線美のふくらはぎや太もも

思わず触りたくなるプリッとお尻

見えそうで見えない若妻の胸チラやブラチラ

ムネチラ対策があだとなったOLの鎖骨チラ


などが目が離れないからか
はたまた
久々にホテルでのセックスで興奮からなのか

数発では収まらず
一晩中とは言えないながらも
朝までセックスをしていた

気づいたころにはすっかり
日の出手前となり
お互いに下半身に
イヤラシイ臭いを充満させつつ
早々とホテルを後にする

そして
日の出のスポットへ到着すると
そこでも


ブーツとスカートから作られる絶対領域のパンスト美女や

今日も出勤であろうか?のリクルートスーツOL
マフラー下の胸は分かるほどのサイズであった

そんなおねえさんらを見ていると
またしてもやりたくなり

日の出を見て自宅へ帰ると
妻は即座に寝てしまった

疲れマラなのか?
それともまだ脳裏に焼き付いているのか?

脳裏に焼き付いたおねえさんや若妻と…

その後
私も一人で処理すると寝落ちしてしまったようで
起きたときには夕方であり
目をこすった手からは自慰行為を覚えたての臭いがした



新人の女優と比べれば衰えは感じるものの
今でも一級品の戦闘力を持つ吉沢明歩で抜いて下さい
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

両隣の女性の脚 2

2014.06.20.Fri.15:00
 私はコンビニで暖を取るつもりで入ったが通りに合った雑誌コーナーを見ると気になる雑誌があった事を思い出し、立ち読みをしていた。
 そして私の隣ではムートンブーツと黒いタイツとデニムスカートの女性が立ち読みしており、私と黒タイツまでの距離は50㎝程で触ろうと思えば触れる距離であった。


   触ろうと思えば…

   触る気さえあれば…

   本気でその気があれば…

   思考回路が壊れていれば…



 しかし、私には犯罪者になる勇気はないのでいつも妄想どまりである。
だからこそ、私は雑誌を立ち読みしていたのにもかかわらず、いつの間にやら目線は黒タイツにくぎ付けになりつつあった。
 いや、くぎ付けであった。
そして、雑誌そっちのけで視線はムートンブーツと黒タイツへ…


   手を伸ばせば届きそうな1日履かれた黒タイツを触りたい…

   寒さから足を守ってくれた履いたままの黒タイツに頬ずりしたい…

   ブーツに隠れているくるぶし、足の裏、つま先部分のタイツを見たい…

   触って撫でて嗅ぎたい…

   デニムスカートをまくってタイツ下のパンティを見たい…

   タイツ少しおろしてパンティ直下の太ももの内側をさわさわしたい…



 などと妄想していると、いつの間にか逆隣りにはOLのおねえさんがいて漫画単行本の前に立っていたようである。
私は本棚を物色しつつもOLの足元に目を落としていた。

 そのOLは革のブーツに黒パンスト、スカートスーツらしかったが、そんな事より私はいつの間にか目の前の書棚がギリギリエロ本コーナーになっており、そんなギリギリの位置で立ち読みしていると思うとOLに

「この変態がっ‼‼
 こんな時間に堂々とそこに立ってるんじゃないわよ!」
と思われていると思うと、恥ずかしいと思いながらも

「あぁ 俺は変態だよ
 アンタを恥ずかしい目にあわせてやろうか?
 どんなにきれいに着飾ったって スカートをまくり上げて
 パンスト大解放の状態ならアンタも恥ずかしいだろ?
 でも俺はそんな格好をしたパンストの女を触るのが大好きなんだよ
 そんなパンスト越しに色々な事をしちまうんだよ
 変態だからな」
続きを読む "両隣の女性の脚 2"

両隣の女性の脚

2014.06.19.Thu.15:00
 寒さから解放されたと思える頃のある春の事。
ようやく過ごしやすい季節になったと思ったら、ここ数日は一気に暑くこのまま夏っぽくなっていき、そのまま夏になるのかと恐れさえ抱いたある日。

「今日はこれまでの暑さが嘘のように
 日中も関係なく時間が経つにつれ
 徐々に寒くなるでしょう
 お帰りの際は雨の降るところもあるので
 傘は持って行った方が安全です
 5月も下旬になりますが 
 春初めの寒さに戻るでしょう」

と今朝、お天気おねえさんが言っていた。
そんなお天気おねえさんも最近の服装とは打って変わって上着を着ており足にはタイツとブーツを履いていた。

「本当に天気予報通りだよ
 日中は徐々に気温が下がってきたし
 救いは雨が片付け後に降ってきたことだな」
夜になると私は仕事帰りの車の中で、本降りの雨を見ながらそう思っていた。

 そして、ここ数日は日中こそはうなだれる暑さであったが朝晩の通勤時は気候も良く冷房・暖房いらずであったが、帰る頃にはさらに気温が下がったようでさすがにヒーターをつけたほどであった。

 暑がり私だが、念の為、薄手の上着を1枚は持ち歩いておいた。
もっとも冬物はもう仕舞ってしまい、すぐには出せないので薄手の上着で対処するしかないのだが、実際に羽織ってみると、正直なところないよりはマシかなと思う程度であった。
 さすがにちょっと寒かったので帰り道にいつも通るコンビニへ暖かいものでも買おうと寄り道したのである。



 
続きを読む "両隣の女性の脚"

黒タイツの女子高生を見た1週間 下

2014.05.22.Thu.15:00
「黒タイツの女子高生を見た1週間 上」はこちら

「黒タイツの女子高生を見た1週間 中」はこちら



 私は仕事しながらも、 明日はいつも見る黒タイツ女子高生が、


ロリフェイスが素顔なのか?

それともきれいなおねえさん顔が素顔なのか?


 と、そればかりを考えながらも、目の前の仕事に真摯に向かい合って朝から滞りなく淡々と進めていた。
思いの外、事の進みがよく明日までの仕事の予定であったのだが、明日丸1日仕事にしてしまうと半日で終わってしまうという予測から施工主・作業員の言い分を聞きまとめ、徹夜で終わらせることで意見が一致。

 私は残業中も「明日も未来のパンストOLを見るには…」と色々と考えていた。
そして、導き出した答えは1つであった。
「帰り道をいつも通る時間に走れば正面から見れるかもしれない」
と思い、いつも仕事先へ向かう道を帰っていた。


 そして徹夜明け、と言っても早朝であった。
女子高生を見かけるまでにはまだ3時間ほどの時間があった。かと言って家に一度帰ってからでは妻に怪しまれる。それに布団で寝てしまったら起きられる自信がない。
しょうがないので、途中のコンビニで休憩がてら待機をした。


   最後にあの女子高生の黒いタイツを拝みたい…

   できるならプリーツスカートから伸びる黒パンストをガン見したい…

   可能であればいつもの通りで停車して、撮影カメラバリに黒タイツを目に焼きつけたい…



 などと、思っていたのか、はたまた夢で見ていたのか、私の意識はもうろうとしていた…

「ジリリリリッッッッ‼‼‼‼」
と目覚ましが鳴り、私はビックリし飛び起きた。
 いつの間にか眠ってしまったようだが、ケータイの目覚ましのセットを解除してなかった事に助けられた。
時間的にはまだ余裕があったのでコンビニで顔を洗い、軽く朝食を食べ目を覚まし、いつも見かける辺りへ向かい始めた。

続きを読む "黒タイツの女子高生を見た1週間 下"

黒タイツの女子高生を見た1週間 中

2014.05.21.Wed.15:00
「黒タイツの女子高生を見た1週間 上」はこちら



 同業者の手伝いで近所の現場を手伝い始めて数日。
気づくと毎朝見かける黒タイツ女子高生がいて、私はいつもその黒タイツを見ていた。

 そしてその朝もいつも通りに女子高生を見かけ、追い抜く通りは程よく歩行者や対向車が走っており、徐行ほどの速度でその女子高生を抜こうとした。
 今朝はこれが功を奏で、追い抜く直前から、前方に注意しつつも女子高生への視線も忘れずに観察していた。それはレールの上を移動する撮影機材のカメラのように…
 すると今日もマスクをしていないとわかり、「よし!今日はイケる!」と思い、


   女子高生の素顔を見るため心の準備をし…

   その女子高生の脇を安全に過ぎ去り…

   前方への注意は最大限に払いつつ…

   サイドミラーに映る女子高生を逃さない…


 という姿勢で安全に走った。
その間、たかだか数秒なのだろうが、私にとって、それはそれは長い長い時間に感じた…
そして、満を持してミラーに映った女子高生の素顔を見ると!

「……………」

 幼な顔というかロリフェイスであった。
マスクしたままでの私の予想が行き過ぎていたのもあるだろうが、少しなえてしまった…
 しかし、今日は暖かく脚の色が大分透けているように感じた。
タイツにしては薄い?ひょっとしてパンスト!?と思っていると
続きを読む "黒タイツの女子高生を見た1週間 中"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。